弁護士と結婚したい!と弁護士が結婚するには?について解説。その結婚相手と婚活方法など。

何が何でも弁護士と結婚したいです!!!

弁護士が結婚するには…その方法について

弁護士と結婚すると…職業詳細と結婚生活シュミレーション!

弁護士の職業と年収、勤務形態について

弁護士の職業

弁護士の関連画像1
弁護士の仕事は法律の専門家として、依頼人の法律上の権利や利益を守ることです。

 

相続問題や交通事故の慰謝料といった身近な問題から、国際犯罪や知的所有権の侵害まで依頼人の様々な相談にのります。

 

一般的には、人と人や法人間のトラブルを対象とする「民事事件」をメインに対応している弁護士が多く、刑法上の犯罪が対象となる「刑事事件」を扱うことは比較的少ないです。

 

専門職ですので、受け持ちの案件を自分の裁量で進めることが多く、その成果が直接個人の評価として現れやすいです。

 

そのため、難しいけれどもやりがいがあります。

 

弁護士には正義感が大切ですが、熱血タイプよりも理論派に向いている仕事です。

 

話を聞き出すことが上手く、物事を客観的かつ柔軟に受け止めるバランス感覚も重要です。

 

また、弁護士には多くの情報をコツコツ整理できる根気の強い方が多いようです。

 

平均年収:1,000万円~ 1,500万円

弁護士の年収は、30代までは右肩上がりで年収が増加していく傾向にあるようです。

 

なお、一部には400万以下の年収となっている弁護士も存在しますが、やはり多くの弁護士は非常に高い年収を得ている模様です。

勤務形態

働き方は、弁護士事務所に勤務する、独立開業する、企業内弁護士として企業に属するなど様々のスタイルが選べます。

 

事務所に所属する場合は、厳密な出勤時間が決められてないことも多いようです。

 

しかし、客商売であるため、場合によっては休日返上となることもあります。

 

上手く調整すれば長期休暇も可能ですが、多くの仕事を平行して行うことが多いため、基本的に多忙です。
弁護士の関連画像2

弁護士と結婚するメリットな特徴>

  • 経済的に安定している
  • 新居や保険など契約する際、規約に不備があれば弁護士として対応してもらえる
  • 私的なトラブルにも対応してもらえる
  • 社会的地位が高い

多くの弁護士は高収入であるため、経済的に安定しています。

 

日常生活における新居や保険などの契約ごともプロの目から不備がないか確認してもらえて安心です。

 

また、何かトラブルに巻き込まれても対応してもらえるので、大変心強いです。

 

「弁護士」という職業で、どこにいってもそれなりの人物とみられることもあります。
弁護士の関連画像3

弁護士と結婚するデメリットな特徴

  • 案件により逆恨みされることもある
  • 多忙のため家族との時間が取りにくい
  • 所属している弁護士会の交流会など、飲み会が多い
  • 知人程度の人からも相談ごとを持ち込まれる

やはり基本的には紛争・もめごとに関わるお仕事のため、案件によっては逆恨みされる恐れもあります。

 

何より仕事が多忙なため、家族と過ごす時間は少なくなる傾向にあるようです。

 

家事、育児の協力はあまり望めないかもしれません。

 

また、所属している弁護士会の交流会や、他弁護士のお祝いごとなど、飲み会は多いため、ある程度の出費は覚悟が必要かもしれません。

 

「夫が弁護士」ということで、様々な人から相談事を持ち込まれ、少々面倒な思いをすることもあります。
弁護士の関連画像4

弁護士と結婚するとどういう生活が待っているか?(まとめ記事)

多くの弁護士は非常に高い年収を得ており、安定しています。

 

仕事は基本的に多忙であるため、家事・育児の協力はあまり望めないかもしれません。

 

家のことは妻がほぼ引き受けることになりがちです。そのため、多忙な弁護士の妻は専業主婦率がやはり高いようです

 

育児に関しては、日頃は忙しく子供と接する時間は少なめですが、自由業ですので、調整次第では長期休暇を取ることもできます。夫次第で家族旅行などの楽しい思い出は作れそうです。

 

また、夫が弁護士なら、頼りになることが多いです。日常生活では新居の購入や保険の見直しなど契約事の際に、規約の内容を全て確認し不備があれば相手方に伝えてもらえます。手続きで悩むストレスはありません。

 

滅多にないことですが、私的なトラブルに遭っても「夫」と「弁護士」という立場で対応してもらえるので心強いです。

 

「弁護士」という肩書きは社会的に信頼されており、どこにいってもそれなりの人と見なされます。

 

周りから良い印象を持たれることが多い反面、堅いイメージから敬遠される場合もあるようです。

 

良くも悪くも「弁護士の妻」として見られます。

 

弁護士の関連画像5

 

弁護士の収入は困っている人からの相談料で成り立っているので、そのお金で妻があまりに派手にしていると、夫の社会評価に影響する恐れがあります。

 

ブランド品を身に付けるにしても上品なものを選んだ方がイメージは良いようです。

 

「夫が弁護士」となると、友達や、顔見知り程度の人からも相談事を持ち込まれる場合もあるようです。

 

力になれないものは波風を立てず上手に断る術も必要になります。

 

なお、弁護士は仕事上、紛争・もめごとに関わることになるため、携わった案件によっては当事者から逆恨みされる恐れもあります。

 

可能性の話ではありますが、妻としてはある程度の覚悟はいるかもしれません。

 

弁護士には、所属している弁護士会の交流やその他様々な付き合いがあります。

 

お付き合いの出費でかなりの額になることもあるようですが、それも仕事のうち、ぐらいに考えて受け入れた方が良いようです。

 

弁護士には定年はなく、本人の判断でいつまででも働くことはできますが、体を壊した場合、突然収入が途絶えるリスクもあります。

 

日頃から夫の健康管理に気をつけてサポートをしていれば、仲良く安泰に暮らせそうです。

 

今すぐ行動を起こさなきゃ弁護士との結婚は無理!弁護士と結婚するには弁護士と出会う必要がある!

引用元:医者と結婚したい!医者と結婚するには?&医師が結婚するには?

 

弁護士を結婚相手にと考えていても、弁護士と出会うことが出来なければそもそも弁護士と結婚することはできません。ではどうすればよいのか?

 

婚活パーティー、お見合いパーティーはどう?

とりあえず婚活パーティー、お見合いパーティーへ参加してみるかと思われる方がいるかもしれません。

 

しかし、その婚活パーティーに弁護士が参加しているかどうかは不透明ですし、その場で弁護士以外の方と仲良くなってしまった場合、結果的に弁護士と結婚することが遠のいてしまいます。

 

結婚相談所はどう?

結婚相談所は、希望のスペックの相手と結婚するのに最適なサービスの一つです。

 

しかし、結婚相談所はそれ相応のお金が必要になります。また、結婚相談所に果たしてどれだけの弁護士が登録しているのかという疑問も…。

 

更にはその限られた弁護士の中に、アナタとフィーリングの合う人がどれだけいるのか…等々様々な懸念材料があります。

 

但し、結婚相談所のようなサービスにも例外があります。例えば、リクルートグループの結婚相談サービス「ゼクシィ縁結びカウンター」。

 

ゼクシィ縁結びカウンターは、大企業のサービスで料金も明瞭でリーズナブル(入会金3万円月額9千円~)。なので利用者は他のマイナーな結婚相談所とは比較にならないくらい多く、出会いの数・質ともにお勧めできるレベル。

 

”結婚に前向きな”弁護士が多数集まるサービスという意味ではあらゆる婚活サービスの中でダントツのナンバーワンです。

 

リーズナブルとは言え、結婚相談サービスなのでそれなりの費用ではあります。

 

ですが、良質な相手と巡り合うための必要経費だと思って頑張ってみれば…人生が変わります。結婚相手で人生は180度違うものになりますからここでケチケチ妥協しちゃう人は幸せを掴めません。

 

20代女性
私に、高額年収の彼氏が出来ました。私とはとても釣り合わないような彼氏が。

 

ゼクシィ縁結びカウンターを利用していなければ、今の彼氏のようなステージの人とは出会うこと自体出来なかったと思います。

 

女性は男性のようにハイステータスである必要はありません。素敵な人と出会うためへの投資は無駄ではありませんでした。

 

30代女性
誰もがうらやむ職業の旦那を得ることが出来たのは、ゼクシィ縁結びカウンターのおかげ。

 

とても出会えるような相手ではありませんでしたが、ゼクシィ縁結びカウンターは、有名サービスで色んなステータスの人が利用しているのに、私でもやせ我慢すれば出せる金額だったのがラッキーでした。

 

今のままの生活・仕事での出会いには限界があります。自分を高く売れる期間を逃すことなく、最高の相手を捕まえるためにゼクシィ縁結びカウンターを利用すべきだと思います。満足してます。

 

ゼクシィ縁結びカウンター

 

婚活・恋活アプリはどう?

利用者が圧倒的に多い有名企業の婚活・恋活アプリならば、より多くの弁護士と出会うことが可能です。

 

アプリ上で弁護士に狙いを絞って活動した後に会うという流れですので…婚活パーティーのように無駄足となるリスクはありません。

 

当然、弁護士でない人に素敵な男性はいます。

 

でも、弁護士と結婚するという目的を横道に逸れることなく達成するには…利用者が圧倒的に多い有名企業の婚活・恋活アプリが最もシステム・流れ的にお勧めと言えます。

 

以下の4サービスが利用者が多く人気があり、特におすすめです。

 

プロフィール閲覧が”無料”で出来る!今すぐ始めてみよう!

ゼクシィ縁結びの詳細

 

 

【PR】

「私の運命の出会いは?」「私はどうしたらいいの?」

今なら”30分間無料”で占い師と話せる!試してみよう!

 

その他職業・属性別結婚相手コンテンツ