誠心(SEISHIN)に関する経験者・体験者の評判・口コミ

SEISHIN(誠心)はどういうサービスなの?ここをチェック!

SEISHIN(誠心)は東京都中央区銀座に本社がある、業界内では、創業33年の老舗の結婚相談所です。慶應義塾大学の医学部卒業生が中心となって行っていた交流会を事業化したもので、医師、歯科医師を中心に多くの男女が登録しています。

 

SEISHIN(誠心)は、東京、大阪、名古屋、札幌、仙台、広島、福岡など、全国の主要都市7つに支社があり、サロンを持っています。

 

コンピューターによるマッチングをあえて行わず、プロフィールファイルの中から自分自身の目で選ぶシステムを採用しています。

 

男女ともに医療系の就業者が多く、男性は医師、歯科医師が半数近くを占めており、大手企業を中心とした会社員、会社役員、自営業の方が続いています。

 

女性は会社員、医師、薬剤師、音楽関係の方が比較的多めに登録しています。年収1000万円以上の会員が57%います。

 

ホームページには顔写真付きの体験談が載っています。休会制度、中途解約制度も設けているので、余裕があるときに活動できます。

 

情報保護に取り組んでおり、結婚相手紹介サービス協会(MISA)の対象事業者であり、特定非営利活動法人 結婚相手紹介サービス業認証機構(IMS)より認証を受けています。

 

SEISHIN(誠心)の料金・プラン・システムについて

どこまでが無料なのか

資料請求や電話相談が無料で出来ます。
また、来社での相談も可能です。

 

どういう時にお金を払うことになるのか?
どこからお金を払うことになるのか?

予約をを行って来店したのち、入会審査をクリアすると入会、活動開始となります。この入会段階で費用が発生します。

 

入会時には登録料30,000円とファイル作成料0〜54,600円、2ヶ月分の月会費40,500円〜50,500円が必要です。

 

3ヶ月目以降の月会費は20,250円〜25,250円です。

 

ファイル作成料と月会費は、各支社やプランによって異なります。

 

また、医師等の職業や収入面など一定の条件を満たした方の場合、優待制度があり、費用が変わってきます。

 

男性はいくらなのか?
女性はいくらなのか?

男女同じ金額です。

 

SEISHIN(誠心)を利用できる年齢について

女性は20歳以上、男性は24歳以上で独身の方が条件となります。

 

SEISHIN(誠心)はこんなサービスです!

SEISHIN(誠心)は東京都中央区銀座のティファニー銀座ビルに本社があります。なんだか、ティファニーで結婚指輪や婚約指輪を買いたくなってしまいそうな立地ですよね。業界内では、慶應義塾大学の医学部の卒業生が中心となって作られたということで、独特のストーリーがあり、未だに慶應大学卒業生、医療関係者に支持されている結婚相談所です。
男性会員層のレベルが高く医師、歯科医師の会員が全体の半数、年収1,000万円以上の会員が57%、年収700万円以上の会員が77%に上ります。男女比もほぼ半々で、専任アドバイザーがついてくれるので紹介後のフォローや相手へのプッシュなどのサポートがあります。

 

またお客様相談室があるので、会員の要望に対して迅速に対応してくれます。 休会制度、中途解約制度も設けているので、ちょっと婚活をお休みしたい方も安心です。

 

口コミサイトを見ると理想の人に出会えたという意見もある一方、男性陣にあまり結婚の意思がなくお見合いしても付き合うに至らない、という声もありました。医師や高収入の男性で、いい人はどんどんいなくなってしまうと思うので、良く見極め、あきらめずに活動していきましょうね!

 

誠心(SEISHIN)には同僚の女性が男性医師と結婚したのをきっかけに入会しました
病院の医療事務をしているのですが、年下の女性事務が同じ病院の医師と結婚したことをきっかけに、医師の登録が多いといわれている誠心(SEISHIN)に入会しました。

 

もともと病院に勤務するようになったのは、もしかしたら医師との結婚があるかもしれないと思っていたからですが、実際には違いました。

 

病院に勤めているといっても、医師や薬剤師のような高収入の人と付き合いができるわけでもなく、病院の薬剤師は院外薬局に比べると給料が低いので、すぐに対象から外れてしまいました。

 

誠心で紹介される人は、大学病院の医師や社長クラスの人が多いので、積極的にアピールしています。

 

お付き合いするまでにはいっていませんが、いつもいい感じのところまでいくので、もうすこしアピールしたほうがいいのかなって思っています。

 

ここで医師と結婚できている女性には私と同じ医療事務もいるので、望みはあると思っています。

 

ただ、お互いの結婚に対する意識が違いすぎると、相手がいくら高収入でもちょっと考えてしまいますね。

誠心(SEISHIN)にはいるまえは、両親がお見合いをすすめていました
誠心(SEISHIN)にはいるまえは、両親がお見合いを勝手にすすめていました。私の両親も医師で、同じ医師仲間の娘さんが紹介されることもあったのですが、子供のころから知っている女性もいて、お互い恥ずかしくなったこともあります。

 

誠心(SEISHIN)にはいってからは、いろんな女性とお見合いしましたが、ある女性とのお見合いではとてもなごやかな雰囲気になりました。

 

他の女性とは違って、あまり自分をアピールせずに、私が話し終えるのをずっと待ってくれていました。

 

その人も医師だったのですが、医師にはめずらしいタイプだと思っていました。

 

彼女との結婚が決まったとき、一番喜んだのは私の両親でした。

 

結局私は、自分と同じ医師を選んだのです。両親の思いをかなえることにもなりましたが、自分で結婚相談所を決めて、いい相手がみつかって本当によかったです。

誠心(SEISHIN)には父からパンフレットを渡されて入会しました
私の父は他の病院で医師をしているのですが、私が看護師の仕事をするようになってすぐに、その病院の医師を紹介するようになりました。

 

お見合いをしろとなんどもいわれて、しぶしぶ行くこともありましたが、相手の方はお付き合いしたいと言ってくれるのですが、私はその気がなかったのでいつも断っていました。

 

そんなことが続いて、ある日、誠心(SEISHIN)のパンフレットを父から渡されて、自分で探してみろと言われました。

 

私はそのころ、そろそろ結婚を考えるべきか悩んでいたので、父にいわれるとおりに結婚相談所に入会しました。

 

相手の方は収入の多い男性が多かったのですが、気さくな方が多くて安心しました。

 

お見合いは何度も経験があったので、緊張することはありませんでした。お見合いをした男性の中に、一人だけ気になった人がいました。

 

落ちついた感じがあって、その人も医師でどことなく父と似ているような雰囲気がありました。

 

結局私は、父の面影を求めていたのかもしれません。結婚が決まったときにも、父からほらみろ、と言われてしまいましたが、父のおせっかいがなければ彼と出会うこともなかったので、父には本当に感謝しています。

 

《こちらも是非!本サイト人気No1コンテンツ!》
彼女彼氏の作り方!出会いがないのに結婚したい人向け