結婚相談所のトラブル知らずな選び方!

結婚相談所のトラブル知らずな選び方!の執筆者情報

 

結婚相談所選びに悩んでいる方は意外に多いという事実を知っていましたか?結婚相談所というのは男女の出会いをマッチングしてくれる、いわば希望を叶えてくれる場所なのですが、その希望がうまく叶わないことや想像と違うということが起きやすい場所でもあります。

 

そこで今回は、そんな結婚相談所の選び方でのトラブルが起きないようにするための方法をご紹介していこうと思います!

結婚相談所のトラブルは意外に多い!よくあるトラブルとは!

これから婚活をするぞ!という方はまず結婚相談所に登録してプロの力を借りながら婚活をスムーズに進めていこうという作戦に出ますよね。その方が安全にいい相手と出会うことができると考えるからですよね。しかし、その常識は少し間違っているかもしれません。ここでは結婚相談所で起こるトラブルの代表的なものをいくつか紹介していこうと思います。

 

事前にどんなトラブルがよく起こるのかを知っておけば、心づもりができるかもしれません!では、まず代表的なものとして紹介したいのは、相手に対してのイメージと現実のギャップです。結婚相談所などに登録する写真はプロの方などにとってもらうものが多くとてもよく撮れていますしメイクやヘアセットなどもプロが行うので、かなり実物よりも期待をしてしまいます。

 

そしてかなり期待をしていざ会ってみると写真とのギャップがありすぎてショックを受けるというのが、本当によくあるトラブルです。これは男性にも女性にも当てはまりお互いに過度の期待を抱きすぎていることが原因です。

 

最近は写真を撮る技術も進化していますからね…。結婚ということを考えると、見た目以上に重要視すべきことがあるはず。

 

10代の頃のような淡い恋心を求めるのではなく、ある程度現実的な結婚ということを念頭におく必要があるでしょう。

 

婚活男


そのため初めから写真は実際の相手の方よりも非常によく撮れているということを頭に入れてから相手を選び実際に会ってみるということがショックを軽減させる有効な方法です。また、他によくあるトラブルというとプロフィール内容と違うということです。これはどういうことかというとプロフィールに書いてある年収や喫煙歴や趣味などの項目に嘘の記述をする人がいます。

 

特に嘘が多い項目は先ほども言いましたが喫煙、趣味、学歴、年収、飲酒などです。これはモテたいという気持ちから嘘の記述をしてしまうというもので本気で悪気がある場合はほとんどありませんので、早めに分かった段階でその方とは交際を進めなければ問題ありません。

 

何か一つだけ虚偽の記載が判明した場合などは、それ自体は許せる範囲だからといって許容することはやめたほうが賢明です。それは一つの項目のみを虚偽記載することは少なく、どこかに虚偽の記載をする方は他の部分も虚偽の記載をすることが多いからです。そのリスクを考えると一つだけだから我慢するのではなく、一つも嘘のない人を選ぶほうが間違いなく良い相手に出会える可能性が高いです。

 

虚偽の申告というこは各々とらえ方や重要度が異なってきますので一概に言うのは難しいですね。

 

その時のみ誠実さに欠けていると場合もあるでしょうし、ウソをつくということがその人の性格を表している場合もあるでしょう。

 

虚偽の申告についてどのように扱うかは、あなた次第としか言いようがないかもしれないですね…。

 

ただ、忘れてはいけないのは、虚偽はいけないことであるというのは一般常識であるということですね。

 

婚活男


結婚相談所の選び方!

では、結婚相談所を介して運命の方と出会うまでにトラブルに合わないようにするために正しい結婚相談所の選び方を紹介していこうと思います。まず結婚相談所は多くありますが、大きく二つの種類に分けることができます。それは、専門分野の結婚相談所と専門性のない結婚相談所です。専門分野とは年齢であったり、職業、趣味や学歴など、その結婚相談所の色とも言える専門性のことです。この専門性がある結婚相談所は基本的には必ず全ての出会う方との共通点があります。

 

専門の結婚相談所は、どうしても絶対数が少なくなりがちです。

 

一方、有名どころの結婚相談所の場合は、その知名度により…例えば、医師専門の結婚相談所が存在するにも関わらず、そこに登録せず、有名どころでのみ婚活をしているというケースが多くあります。

 

婚活男


そのため話題にも困りませんし、価値観のズレも少なくなります。例えば50代専門の結婚相談所などでは全ての登録者が50代ということで生きてきた時代が同じなので多くの場面で共感することができるでしょう。例えば、定年を迎えた際の話や年金の話など同じ世代でなければ話が合わないようなことを話すことができます。

 

結婚相談所を選ぶ際に次に気をつけてほしいことは、結婚相談所側のスタンスです。運命の相手がいつ、どこで、どんな風に、どうやって見つけることができるのかということを具体的に説明してくれない結婚相談所なども中にはありますが、そのような結婚相談所は絶対にやめたほうがいいです。

 

そのような結婚相談所はアドバイザーが親身になってアドバイスなどをしてくれない場合や手助けがほとんど得られない場合がほとんどです。また、アドバイザーの話の内容が客観ではなく、主観である場合もかなり要注意です。

 

それに気づいた場合にはすぐに退会したほうがいいです。アドバイザーというのは、手元にある手札で戦略的に運命の相手を見つけ出し最高の結末に導くために存在しておりますので、主観でものを言ったり、欠点をひたすら指摘したりすることは真のアドバイザーの仕事ではありませんので、優秀なアドバイザーのいる結婚相談所を見つけることが重要です。

 

結婚相談所の担当者は婚活において非常に重要になってきます。

 

強引に事を進められてしまい違和感があるとか、助言に不満があるなどの場合は、婚活する場所を変えることや可能であれば担当者を変えることも考える必要があります。

 

結婚相談所を利用して「結婚」という結果を得ることができた場合・・・それは(当人同士がその時納得していたとしても)担当者の道しるべによる影響が非常に大きいです。

 

結婚後に違和感を感じてしまったり後悔することの無いように、自分の意志を尊重してくれ、違和感のない婚活を実現してくれる担当者を厳選すべきです。結婚は一生に一度のものですから。

 

最善の婚活の末の結婚であれば、結婚後の多少のいざこざ、困難も後ろ向きになることなく乗り越えていくことができます。

 

婚活男


では、ここまでは、こんな結婚相談所はやめたほうがいいという点を紹介しましたので、ここからは、「こんな結婚相談所を選んだほうがいい!」という点をいくつか紹介していこうと思います。

 

それは結婚相談所の会員数、男女比率、会員の条件の三つを意識してみると良い結婚相談所を見つけることができます。それはなぜかというと、この3つが結婚相談所側が最も力を入れている要素だからです。そのためこの3つの要素が高い水準にない結婚相談所というのは他の要素も高い水準にないということになります。

 

結局は、良い人との出会えることが一番ですので、数は重要なファクターですよね。

 

また、数が多いとなると大手ということになりますが、大手であれば金額面でも明瞭な場合がほとんどですし、サービスに決定的な欠陥なく均一化されています。

 

大手から始めるのが無難と言えるでしょう。

 

婚活男


まとめ

結婚相談所の選び方は意外と簡単ですよね。今回紹介したいくつかの要素を意識して選ぶだけで、思っていたのと違う!という事態をかなり避けることができます。婚活はかなり体力を消耗しますので、少しでもトラブルを避けて結婚まで行きたいものですよね。

 

そのためには今回紹介したいくつかのコツを必ず守って最高の結婚相談所を見つけてみてください!

 

《こちらもチェック!当サイト人気No1コンテンツ》
結婚したい!けど出会いがない人のための彼女彼氏の作り方とは…