シングルマザーの再婚!すべきでない?恋愛・婚活・結婚の心配事とメリットデメリット

シングルマザーの再婚!すべきでない?恋愛・婚活・結婚の心配事とメリットデメリットの執筆者、婚 活男の詳細

 

シングルマザーとして日々忙しく立ち回られている貴女。再婚についてふと頭がよぎることもあるのではないでしょうか?ですが、シングルマザーの再婚は、シングルの結婚とは置かれている環境が大きく異なりますよね。

  • 「子供はどのように思うのだろうか?子供がかわいそうなのではないか?」
  • 「一度失敗しているし、再び失敗してしまわないだろうか?」
  • 「児童扶養手当、ひとり親医療受給などの手当ては再婚後どうなってしまうのか?」

様々な不安を再婚に抱いているかと思います。

 

ですが、人生は一度キリ。人は年をとります。後悔だけはすべきではないですよね。今回の記事が、気になっている「再婚」。その不安、そして希望について、しっかりと考えてみる機会となればうれしいです。

行動の大前提として留意すべきは、「貴女自身の幸せ」について

母と子

再婚が気になるけど、子供のことを考えるとシングルマザーのままでいいか…と考えてしまう人も多いと思います。

 

それ自体は悪い考え方であるとは思いません。ですが、「自分の人生を犠牲にして子供に過剰に未来を託す、期待をしすぎる」というのは良くありません。

 

子供にとって過剰な期待は、時にプレッシャー、重荷となります。子供が成人した後、何かを期待して、それが叶わなかった場合、貴女の落胆は計り知れないものがあります。

 

また、子育ては連鎖します。貴女が、自分を犠牲にして子育てを全うしたとすれば、それは、貴女の子供も自らの子のために、自分を犠牲にして子育てをしなければならないという刷り込みを与えてしまいます。

 

もし、それが苦痛であるならば…それはまさに負の連鎖なのです。

 

親には親の、子には子の人生があります。勿論、一時的に我慢する…ということが必要な場合もあることでしょう。ですが、人生全体として、子供のために、貴女自身が自分の人生を犠牲にした…という意識を持つほどに我慢するべきではないのです。

 

責任をもって子育てはする。でも、自分の幸せも追求する…

 

これがあるべき姿です。考えて見てください。貴女が立派に子育てをしつつも幸せを手にしたのならば…、子供も、同じように立派に子育てをしつつ幸せを手にしようとするはずなのです。

再婚時期はナーバスな問題

人生の選択

とはいっても再婚時期については、ナーバスな問題ですよね。子供が物心つく前に再婚するのであれば、それほど、子供には影響はないかもしれませんが、子供が小学生、中学生、高校生の時の再婚というのは、子供に大きな影響を与えてしまいます

 

子供は、自分で生きていくことができません。今の家、今の親が全てです。新たに父親が出来る…となると、「お父さんはどうなるの?」、「私はどうなるの?」…様々な不安を覚えます。「私よりも男が好きなのね…」と思われてしまうこともあります。

 

再婚時期については、じっくりと考える必要があるかもしれませんし、子供の理解を得る必要があります。だからといって、再婚を諦める必要はありません。

 

「子供がいるから私は再婚してはいけない」と考えるべきではありません。そういう風に自分の殻に閉じこもってしまうべきではないのです。子供のために自分を犠牲にしてしまうことになります。

 

今すぐに再婚しないにしても、気になる男性をもしかしたら恋愛対象になるかもしれない…くらいの気持ちで受け入れるのは自然なことなのではないでしょうか?

 

再婚相手との出会い

小学生、中学生、高校生…合わせて12年。これを長いととるか短いととるか。一度離婚を経験しているならば、今度はじっくりと失敗の内容に相手を吟味したいという気持ちもあることでしょう。

 

子供の理解を得にくいという場合、それを前向きに捉え、じっくりと再婚相手を探す期間と位置付けることもできます。

 

子供は大人になります。自分の力で生きていけるようになれば、自らの再婚で子供を不安にさせてしまうことはありません。

 

また、子供が結婚して、子供が出来て…となったときに、一人ぼっちになって心にポカンと穴が開いた…となるとつらいですし、子供の側にも負担を与えてしまうケースもあります。

 

私の知り合いに、シングルマザーで育ててもらった男性Aさんがいます。Aさんは結婚したのですが、奥さんと母親と仲が良くなく、奥さんは同居を嫌がっていますが、Aさんは、シングルマザーで育ててもらった恩義を感じていて同居を強く望んでいます。

 

子供が一人前になり、家庭を持つようになると、こういった状況もあり得るのです。この時に、貴女は子供に何を期待してしまうのか…?

 

自分の人生を犠牲にすることなく、子育てを全うした貴女ならば、子供に無理な何かを期待してしまうことはないでしょう。

世間体、周り・親の理解を得ることができるか?

運命の赤い糸

結婚式のとき、集まってもらったのに離婚してしまって…今度は再婚…いろいろと周りの目は気になってしまうかもしれません。しかし、これは気にするだけ無駄と考えるべきでしょう。

 

貴女が幸せになるかならないかが問題であって、外野は関係ありません。ご祝儀等々でリアルに迷惑をかけているという場合もありますので、無下にはできませんが、どうしようもありませんので、形式だけでも申し訳なさそうにしておけばそれでOKです。

 

離婚がそれほど珍しいことではない昨今。再婚もそれほど珍しいことではありません。貴女にとっては大きなイベントでも、他人からすればそれほど大きなイベントではありません。

 

どんな噂話も、しばらくすればきれいさっぱり自然に収まっていきます。最も優先すべきなのは、貴女の幸せです。

児童扶養手当、児童手当、ひとり親医療受給資格などはどうなるのか?

シングルマザーということで、受けることができていたものは、再婚したら資格がなくなってしまいます。

 

(参考サイト)http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kodomo/kodomo_kosodate/boshi-katei/index.html

 

ですから、現状、シングルマザーとしてそれら手当を含めて生活が成り立っている場合、再婚には注意が必要です。

 

電卓

再婚相手の稼ぎ・年収と(これまでの手当てを考慮に入れない)養育費…問題なく成り立つものなのかどうかを考える必要があります。

 

もし、再婚相手の稼ぎではどうしようもないのであれば、システム上、すぐの再婚は適切なチョイスとは言えません。それでも彼が好きという場合は、子育てが終わってからの再婚を考えるべきでしょう。

 

問題なく生活が成り立つ場合でも、手放しで喜ぶのは早いです。

 

相手は、貴女と再婚することで、自由に使えるお金と時間が減ってしまうのです。それを心底受け入れてくれる人なのかどうかをしっかりと見極める必要があります。

 

ここを失敗すると、折角今何とかなっているささやかな幸せを壊してしまうことになります。

 

やはり、再婚には慎重になるのがベストです。

 

シングルマザーは、仕事も育児もしなければいけませんし、出産の際に、一度ビジネスキャリアを中断させた人もいらっしゃるでしょう。

 

シングルマザーでお金に余裕があるという人は少数派です。むしろ貧困にあえいでいる人の方が多いことでしょう。無理もありません。

 

そのための各種手当であると言えますし、その状況が金銭的に裕福であるということは少ないですよね。

 

当然ながら子育てにはお金がかかりますよね…。やはり男と女…力を合わせて家庭を成り立たせる方が効率は良いのです。

 

経済的にも高水準で安定した男性と再婚したい・・・。それはやはり譲れないですよね…(汗)

シングルマザーはどういう風に恋愛すればよいのか?

今、気になる人がいる、付き合っている人がいるという人には余計なお世話となってしまうかもしれませんが、中には、再婚したいと考えていても子育てと仕事に忙しく、相手がいない、相手を探す暇も余裕もないという人もきっといらっしゃることでしょう。

 

今、気になる人がいたとしても、出会いの幅を広げるのは悪いことではありません。何せ、シングルマザーの再婚ですから。

 

燃え上がる恋から結婚し離婚された方もいらっしゃることでしょう。再婚相手は吟味に吟味を重ねて最高の結婚を手に入れたいと思われている人が多いのではないでしょうか?。

 

婚活・恋活アプリで再婚相手探し

気軽に恋人予備軍との出会いの機会を増やすということでは忙しいシングルマザーにとって、ゼクシィ縁結び、Omiai、ペアーズ、マッチドットコムなどの人気婚活・恋活アプリがお勧めのサービスといえます。

 

婚活パーティーや合コンに行く時間を捻出することが難しいシングルマザーさんでも、スマホを寝る前にポチポチいじくる時間さえあれば婚活に取り組むことができます。

 

婚活アプリなら子供、周囲にブーブーいわれることなく再婚することになるかもしれない人との出会いの数を増やすことができます。

 

また、職業や年収に関しても、プロフィールからある程度絞り込むことができますから、無駄なく自分が望む条件の異性を探し出すことができます。

 

さらには、実際に会ってどうこうする前に、アプリ上でのやり取りがありますので、次から次へと新しい相手を探しに行くことができます。

 

シングルマザーであるということは婚活をする上で相手側からの制限に掛かってしまうことが多くあります。ゆえに、シングルマザーでない場合に比べて、うまくいかない確率も高いことが覚悟する必要があります。

 

しかし、婚活・恋活アプリならば、数をこなすことができますので、失敗確率の高さを数でカバーして、シングルマザーでも理想の相手に巡り会うことができます

  • ゼクシィ縁結びはリクルートグループゼクシィが提供している婚活アプリ。婚活アプリの他にもゼクシィ縁結びカウンター(≒結婚相談所)、ゼクシィ縁結びパーティーなどのサービスもあり、希望に応じて連動させることができます。場合によっては、担当者についてもらって婚活することも可能。上述の4つのサービスの中ではフェイスブックアプリではないということで、やや敷居が高い分、真剣に結婚を考えている人が多いということと、婚活アプリだけでなく、利用者が望むなら、結婚相談所的なサービスも備えているので、最もシングルマザーの婚活向けのサービスかなと思います。
  • Omiaiは、恋活アプリであるとサービス提供会社が定義づけしていますから、比較的軽い気持ちで異性との出会いを求めている利用者が多い傾向にあります。
  • ペアーズ、マッチドットコムは、知名度が高いので多種多様な利用者が多いですから、シングルマザーの婚活というのにも十分使えるサービスなのは間違いありませんが、これらサービスもゼクシィ縁結びに比べるとやや結婚への距離が遠い利用者が多い傾向にあるといえるでしょう。

シングルマザーの婚活は、20代、30代であろうと、軽々しい気持ちではやろうとしないもの…そうなると、希望次第で婚活に関する様々なサービスの準備があるゼクシィ縁結びが最も最適なシングルマザーの婚活を始める婚活アプリと言えるでしょう。

 

母、子、再婚相手の3人でお出かけ

シングルマザーの恋愛・デートとなると、最終的な再婚ということを考えると、子供への理解は必須条件。デートも子供を交えたデートで楽しくできれば言うことはありません。

 

ただし、相手のことを考えてあげる必要もあります。もし、相手が未婚の男性であるならば、デートは貴女としたいと思うもの。ムードや雰囲気も大切という気持ちを持っていて当然です。

 

こちらの都合ばかりを押し付けて、気持ちを萎えさせてしまっては、相手に失礼と言えます。都合が許すなら、親に子供を預かってもらうなどして、2人だけのデートをする機会も定期的に持つようにするのがベターです。

 

当然、シングルマザーの再婚というのは、子供が付いてきますので、子供を含めたデート、遊びであっても楽しいものでなければならないのは当然ではあります。

 

人生は一度きり。貴女自身が一度の離婚で自らの幸せを諦めるべきではありません。子育てを責任もってしつつも、自分の人生を謳歌する…。その姿勢がその後の子供の人生にも大きく影響を及ぼします。

 

かといって、再婚時期を考えずに、子供の意思を尊重せずに行動に移すのは軽率。だけど、子供が独り立ちした後のことも考えると、今ある若さを無駄にするのは得策ではありません。

 

出会いの門を閉じることなく、貴女らしく、素直に、色々な方との出会いを満喫し、じっくりと再婚相手を吟味した上でもしよければ再婚…という流れが理想的であると思います。

 

 

恋路成夫の見解
実はシングルマザーはモテるということを知っていましたか?多くのシングルマザーが子持ちだと敬遠されるのではないかと婚活に奥手になっています。しかし自分から行動を起こしたシングルマザーは次々に最高の相手に出会っています。

 

今回はそんなシングルマザーが最高の相手に出会う方法を紹介していきます!

本当に一人で子供を養っていけるのか?

シングルマザーの方の中にはパートナーを見つける気なんてない!という硬い信念を持っている方もいるかと思います。また、シングルマザーの方々は自分で頑張って子供を育てる!子供に不自由はさせない!という強い気持ちで毎日必死で働いていることと思います。しかし長期的に見てそのプランは建設的と言えるでしょうか?現実的と言えるでしょうか?世の中には気持ちだけではどうにもならないことがたくさんあります。

 

高校球児が全員甲子園に行けないのと同じです。では、どうすればいいのか?それは具体的な問題を書き出してみるということです。書き出してみるとわかると思いますが、全てお金がないから起こる問題ではないでしょうか?では、どうすればお金が稼げるでしょうか?高学歴で仕事がかなりできて組織を運営できる一握りの天才的な才を持った女性なら子持ちでも莫大なお金を稼げますが、ほとんどの人にそんな能力はありません。

 

シングルマザーの婚活となると、20代、30代関係なく、現実を知っているということがありますので、再婚相手にはより現実的に経済力を求める必要があります。

 

勿論、子育てで忙しいということで、出会いの場に気軽に参加するということも難しいでしょうし、そういった場においても、シングルマザーであるがゆえに相手にとって恋愛対象から外れてしまうということも多くなってしまいます。

 

婚活男


もっと言えば子持ちで低学歴で職歴もほとんどなく、資格もないという方には正規雇用をもらうことすらかなり難しいのが現代の世の中です。そのためアルバイトやパートを掛け持ち朝から晩まで働いても貯金の余裕などはないというのが多くのシングルマザーの方々の実情ですよね。もちろん例外もありますが。

 

そこで、取るべき行動は婚活です。男性と結婚し収益の柱を増やせば自分が一日中働く必要はなくなり、子供との時間も取ることができ、本当の意味での子供の幸せが実現されます。また、旦那さんの給料が少し低くとも奥さんが少しの時間だけアルバイトをすれば、十分余裕を持って暮らせます。

 

独りよがりになって「自分は毎日一日中頑張って子供を養っているんだ!」という自己満足に陥り現実から目を背けるよりも「婚活」という方法でパートナーを見つけパートナーの力を借りながら子育てをしていく方が長期的に見て建設的な考えなのではないでしょうか?今、もう一度婚活というものについて考えてみませんか?婚活に対して少しでも興味の湧いた方は続きを読んでください。

 

シングルマザーが、普通に出会いを求めて婚活するのは、シングルマザーであるということで恋愛対象から除外されてしまうことが多くなりますから非効率であるといわざるを得ません。

 

婚活男


では具体的にどうやって相手を見つけるのか?

ここからは具体的にどうやって相手を見つけるのかを紹介していこうと思います。最近の婚活といえば大手の婚活サービスを使うのが一番手っ取り早いです。費用も登録料は無料で月の費用は段階ごとにプランがあり、自分にあったプランを選べるというのが一般的です。婚活サービスは大手から選んだ方が確実に成功させやすい上に効率的です。そこで一つ大手の婚活サービスを紹介しておきます。

 

紹介したい婚活サービスは「ゼクシィ縁結び」です。これはリクルートが運営している婚活サービスで婚活から結婚までトータルでサポートしてくれるところが魅力です。この婚活サイトは24時間利用ができます。そして気になる年齢層は20代と30代が比較的多く、そして40代の方もいます。登録の際に必要なのはメールアドレスです。これはフリーのメールアドレスでも大丈夫です。

 

月額の最低料金は12か月のプランで月2592円からです。もちろん成婚料なども必要ありませんし初期費用なども無料です。この婚活サービスはどれだけ続けるのかを初めに決めてから始めた方がお得です。それはプランが何か月プランなのかで割引金額が変化してくるからです。

 

私は12カ月プランを初めから契約してしまった方が結果としてお得になるのではないかと思います。それは一カ月プランだと月に4298円(税込)を払わなくてはなりませんが、この1カ月が終わった時に継続するとなるとまた、プランを選択しなければならず割引が適用されません。

 

そのため余裕を持って12ヶ月プランが私はオススメです。ちなみにゼクシィ側は3ヶ月プランをオススメと言っています。有料会員になるとメッセージのやり取りが無制限になります。これだけでも凄く魅力的ですよね。

 

そしてこのサービスは「いいね!」という機能に特化しています。いいね!というのは相手への好意と思っていただけるとわかりやすいと思います。あなたに対してのいいねの数が多ければあなたはモテているということです。そして一番魅力的な機能は検索機能です。

 

検索機能は趣味、出身地、登録日などで検索をかけることができるという機能です。これの何がすごいかというと自分の望む人を探しやすくなるということです。そしてプロフィールなどを見て、メッセージを送ってみるということもできます。

 

また、このサービスはネット婚活では初の試みであるデート調節代行までコンシェルジェがしてくれます。デートというのはプランニングが意外と面倒で男性が嫌いな計画的なことの代表格ですのでコンシェルジェが二人が最も楽しめるデートプランを調整してくれます。

 

まとめ

現代のシングルマザーの現状が大変だというのは事実です。しかし現実を嘆いても仕方ありませんよね!前向きに行動した者のみが成功を勝ち取るのです!人生には紆余曲折がありますが、自分から幸運を掴み取りに行ってみませんか?

 

その第一歩として「婚活」というのはぴったりだと思います。今、行動に移すかどうかはあなた次第です。どうか後悔しない選択を!

 

《こちらもチェック!当サイト人気No1コンテンツ》
結婚したい!けど出会いがない人のための彼女彼氏の作り方とは…