20代婚活成功のカギ!お金がなくても若さが武器!

20代婚活成功のカギ!お金がなくても若さが武器!の執筆者情報

 

20代で婚活と聞くと少し難しそうと感じますよね。時間的にも余裕がなく、お金もないと思ってしまう女性が多いと思いますが、それでも20代で婚活は絶対にすべきことです。20代は確かにお金がないかもしれませんが、そのお金がない時だからこそ、早めにすべきです。

 

でも20代からの婚活の方法を知っていますか?今回はこれから婚活して早めに身を固めたい20代女性のためにアドバイスとなる情報を紹介していこうと思います。

20代で婚活は可能?

実際、年齢というのはビジネス界では一つの資産と数えられるほど貴重で大きな価値を持つものです。年齢というのは何億円積んでも若返ることができませんからね。しかし若い時期というのは仕事が忙しく、婚活なんてしている暇ありませんよね。しかし若い時には本当は仕事に集中しないほうがいいです。意外かもしれませんが、若い時には若さを生かして婚活をしておいたほうが間違いなく利益は大きくなります。

 

それは若いうちに稼げる金額というのは同じ仕事量でも年齢が高齢のほうが日本では高額だからです。これは日本の社会構造上の大きな問題ですが、日本は年齢が上の人を敬う自分カッコイイ!と考えている人がかなりの数いますそのため若い世代がいくら頑張ろうと昼寝している年寄りのほうが給与が高いのです。

 

これは労働量に対しての対価が悪く、頑張っても報われないということです。このことに文句を言っても社会構造というのはそうそう変わりませんので時間の無駄です。では、若い時に仕事に全力を注がずに何をすべきかというと婚活です。これは人脈形成とも言うことができます。

 

恋路君の意見はかなり独自すぎる感じが…20代は、その後のキャリアを形成する上でのスタートライン付近。どのような道にキャリアをつなげていくかを左右する大事な時期ですので、しっかりとしたプランニングに基づき、方向性を定めた上でハードワークすることは大事な時期だと私は思いますけどね…。

 

とはいえ、狭い視野でただ目の前の業務に埋没するような頑張り方だと時間だけを無駄に浪費してしまっているといわざるを得ません。

 

婚活をするというと大げさに聞こえてしまうかもしれませんが、見聞を広める、色々な人と知り合って自分自身の幅を広げるという意味でも婚活は仕事に活きてくる要素があります。

 

ただ、狭い視野で仕事するだけのつまらない人になるよりは、ちょっと余裕を持って色々なことを楽しめるくらいの人間の方が、人として魅力的で、結果として仕事にも良い影響が及ぶようになります。

 

人は、達成したいことや楽しみのために仕事をする・・・という要素を入れた方が頑張れますし、その頑張りは継続できるものですから・・・

 

婚活男


婚活というのは多くの人に出会いますので、人脈が伸びます。もし、良い相手が見つからなくともこの時期に作った人脈が将来自分の収益に繋がるため将来への投資ということになります。そして運良く相手が見つかった場合には結婚相手もビジネス的な人脈も同時に得ることができるのです。

 

このような理由から若い20代での婚活が大きな意味を持つということになります。特に女性は若いうちが華と言われ、歳を取るごとに美人でも相手にされなくなります。

 

特に美人で独り身だと性格などに大きな問題を抱えているのではないかと思われることもしばしばです。そのような悩みを抱えたくないという方は20代のうちに婚活を始めておくことをお勧めいたします。

どうやってハイスペック男子をゲットすればいいのか?

どうせ婚活するならハイスペック男子をゲットしたいですよね。では、どうすればハイスペック男子をゲットできるのでしょうか?それは限定の婚活パーティーに参加するという方法で実現できます。ハイスペック男子をゲットするにはまず、「出会い」次に友達を「紹介」してもらい、そして「付き合う」という3つの要素が大切です。
そのため結局出会いの場に行かなくてはなりません。その出会いの場というのが「限定」という言葉のついた婚活パーティーです。

 

最近は医者限定や公務員限定など、ある縛りが付いている婚活が人気です。これは一定の社会的地位のある男性のみが参加することで収入面でのハズレがいないという女性には嬉しい婚活パーティーです。そしてそのパーティーには女性にも限定があることがあります。その限定というのは20代という限定です。

 

この20代という限定をつける意味は相手のハイスペック男子たちの需要が20代の女性に集まっているからです。そのためお互い求めているものを満たした相手だけが集まるのであとは話してみて人間性を見るだけで済むのです。ハイスペック男子には意外にも出会いの機会が少ないという男性が非常に多いのは事実です、特に医者や公務員などは出逢いに飢えている場合が多いです。

 

そのため、多くのハイスペック男子が集まります。ただ、ハイスペック男子は勉強をたくさんしてきたので少し会話が苦手だったり不思議な癖がある人が多かったりしますが、そこは収入がいいという点でカバーされます。ハイスペック男子に好かれる方法はガツガツ行き過ぎないということです。ガツガツ行く女子が欲しい男子はクラブなどに出会いの場を求めますので、わざわざ婚活パーティーに行くことはありません。

 

そのため清楚で礼儀正しい女性を演じることがモテる秘訣です。

 

婚活市場的には、20代が最も売り時なのは一般的に間違いありません。結婚相手を選り好むことができる最も旬な時期であるというのは客観的事実です。

 

結婚に対してまだピンと来ないという人でも、出会いの機会そのものは積極的に増やしていくように心がける方が賢いでしょう。

 

ここ数年は、比較的に婚活というものがライトな取り組みになりつつあります。何も切羽詰まって結婚したいと思っていなくても、軽い気持ちで結婚へとつながるかもしれない異性との出会いの数を増やすべきだといえます。

 

出会いの機会が多いほど、より自分の理想に近い異性と結婚できる可能性が高くなります。ただし、ひとたび特定の人と付き合いだしますと、婚活自体に大きく制限がかかりますので、理想の相手と結婚するということをメインに考えるならば、付き合いだすことには慎重になった方が得策といえます。

 

婚活男


まとめ

若い頃に婚活をしておくということは将来のための先行投資としてかなり価値があるということがお分かりいただけましたでしょうか?女性は若さを武器にすべきです。若さを失うということは大きな資産を失うということを意味しますので、その資産を失わないためにも20代で婚活を始めることを強くお勧めいたします。

 

婚活サービスに登録した場合でも20代の女性というのは相手が見つかる可能性がかなり高い年齢層です。会社によってはブランドと呼ばれたりします。ただ、30代になるとブランドとは呼ばれなくなります。そのため早めの婚活が吉です!!

 

男性目線からすると、完璧な女性というのはとっつきにくかったり、魅力を感じなかったりするものです。仕事に邁進するのは素晴らしいことですが、自分の将来設計を考えた上で、ただ仕事にまい進しているだけでいいのか?ということは自問自答する必要があるといえます。

 

自分の将来設計の中に、理想の男性との結婚というものがあるならば、それをかなえるための取り組みもしなければならないということになります。

 

婚活男


 

《こちらもチェック!当サイト人気No1コンテンツ》
結婚したい!けど出会いがない人のための彼女彼氏の作り方とは…