オシャレなカフェやクリスマスシーズンなどはやはりカップルが多いので孤独な私にはちょっと酷

私はよく外食に出かけるのですが、その中でもイタリアンやカフェなどに行くことが多いんです。

 

私は男ですが、オシャレな料理が好きなのでそういう場所にいくのですがやはり女性客が多いです。そして男性客を見かけたと思ったら、だいたいはカップルや夫婦で来ているんですよね。

 

男一人でというお客はあまり見かけません。私の場合はこういったお店に行く場合はいつも肩身の狭い思いをしています。

 

気にしなければ良いだけ、とも思えるのですがそれでも時期によっては厳しいこともあります。

 

クリスマスなんかはそうですね、オシャレなレストランやショッピングエリアではクリスマス一色でどこを見てもカップルばかりです。

 

そして、もうホワイトクリスマスになってなったら大変です。

 

そんな日に外を歩くと、寒さも相まって人恋しくなってしまいます。

 

実際に私の住んでいた地域はその時期には雪が降ることが多く、非常に残念なことになります。確かにカップルや幸せなファミリーの方々には、雪のしんしんと降るクリスマス・イヴはこの上ない楽しみとなるでしょう。

 

しかし私は、毎年独り身な上に仕事柄夜遅くまで働いています。

 

クリスマスのようなイベント産業と関係のある業界で働いていますので、こういった楽しい時期はいつも仕事です。

 

最近ではハロウィンも日本で盛り上がってきましたね。私の友人はほとんどが彼女持ち、もしくは既婚者です。一人、いつも彼女がいないという友人がいるのですがその友人は猫をたくさん飼っています。

 

「猫がいるから寂しくないよ」といつも語っていますが、私には猫も犬も何もペットを飼っていません。

 

私も猫が好きなのですが、今は事情で飼えないのでこういう時に一人暮らしの寂しさを感じるのです。

 

つまり、「彼女が欲しいなあ」と感じざるを得なくなります。ふとした時、夜一人で家にいると孤独感に苛まれることがあります。

 

何かに触りたい、猫でも良いから、と言ってクッションを猫に見立てて撫でてみたりします。ふと我に返った時、「やはり彼女がいないのが原因か」と落ち込むのがお決まりとなっています。