彼女が欲しい思いに理由はない

今まで女性と特別な関係または交際に至ったことがない私ですが、35歳を過ぎ、周りの人が次々と結婚をし家庭を築いていくのを目の当たりにすると「彼女が欲しいな」と思うようになりました。特に同窓会とか、昔の仲間が集まる時はいつもそう思います。仲の良かった友達が奥さんや子供を連れてきます、皆幸せそうに映ります。その時必ずと言っていいほど「彼女とかいないの?」と聞いてきます、その度に負い目を感じてなりません。「独り者は気が楽でいいよな!」と言ってくれる人もいますが、最近はその場にいる自分が辛くなってしまい、同窓会には極力参加しなくなりました。

 

10代の頃は勉強と趣味に夢中、20代は仕事と趣味に夢中で、彼女を作るというキャパシティがありませんでした。というより交際するということが「めんどくさい!」と考えていたのだと思います。モテたいとは少しは思いましたがそのための努力はほとんどしてきませんでした。こんな恋愛体たらくな私が、35歳過ぎてから、彼女が欲しいとか恋愛をしてみたいと思うのは虫が良すぎると思うのです。ただ寂しいから彼女が欲しいと思うのはいい歳した大人の発想ではないと思います。

 

「彼女が欲しいな」と思うこの頃ですが、いまだに絵空事のような気持であると思ってしまいます。というのも、好きになる対象の女性が身の回りにいないからです。探す努力をしないといけませんが、結婚相談所とかに行く気はしないし、趣味を活かして出会いを探ろうにも趣味の場には男性しかいないのが現状です。インターネットの出会い系に登録してもサクラに遭遇し、ボロボロです。「別に今のままでいいじゃん」そう思いますが、人間として生まれてきて恋愛も知らずに死んでいくのはいかがなものかと。でもそのために無理矢理に誰かを好きになれるとも到底思えないのです。葛藤の日々です。

 

ある友人は「君は自分の社会的な体裁のために、彼女が欲しいと言っているだけだろ?」と言いますが、そうなのかもしれません。