彼女が欲しくてたまらなくなるのは病院やレジャー施設で仲の良さそうなカップルを見ている時

私は現在、恋人いない歴イコール年齢、つまり40歳になる今年で「彼女いない歴が40年」になる40歳の独身男性です。

 

私はサラリーマンとして現在の会社に入社してからはもちろんの事、今から28年前の中学生時代から高校生時代、そして大学生時代にも一切彼女と呼べる女の子とのお付き合いを経験した事がありませんでした。

 

そして、社会人になっても私は自分自身の頭髪の薄さや、わきがなどの症状を持っている事がコンプレックスとなり、女性に対しても積極的にアプローチする事が出来ず、彼女を作るなどという事は夢のまた夢、という生活を送り続けてきたのです。

 

しかし、私も人の子であり、異性が好きな事には違いない為、当然彼女は欲しい、出来れば長くお付き合いが出来て最終的には結婚にまで発展する彼女を作りたい、と切実に願っています。

 

私が特に「彼女が欲しくてたまらなくなる瞬間」は、日ごろから持病の腰痛で通院している整形外科や、わきがの症状で通院している美容形成外科などの病院やクリニックの待合室に男女のカップルが仲むつまじく診察の順番を待っている光景などを目にすると、胸がかきむしられるような思いに駆られ、本当に彼女が欲しくなってしまいます。

 

また、たまの息抜きとして定期的に利用しているスーパー温泉の温泉施設などでも、カップルがおそろいの柄の浴衣を着て、彼氏が彼女のカバンや荷物などを持っているのを見たりすると、本気で鬱になり、自宅アパートに帰った後も、「ああ、彼女が欲しい」としみじみとしてしまうのです。

 

私はこのような「カップルを見ると彼女が欲しくなる」生活をもう25年以上も続けており、すでに自分には生きている間には彼女など出来ないと諦めています。

 

しかし、彼女は無理でも人生の伴侶を見つける事は諦めておらず、母親の「孫の顔が見たい」との願いもある事から、現在はインターネットの婚活サイトに会員登録を行い男性会員となり、婚活サイトを利用した地道な婚活を続けています。