一人で食事をしているときにふと彼女が欲しいと感じることがある

一人暮らしをしていると、当然食事も一人ですることがほとんどです。

 

料理を作るのはそこそこ好きな方なのですが、自分が食べる分だけとなるとどうしても手を抜いてしまい、ついレトルト食品やカップラーメンなどで済ませてしまうことが多くなります。

 

そして、一人でそんなやや手抜きの食事をしているとき、ふと彼女が欲しいなと感じることがあるのです。

 

もしも自分に彼女がいれば、料理の腕をふるってあげることもできますし、手抜きの食事も減っていくのではないかと思います。

 

自分が作った料理を彼女が笑顔で食べてくれる場面を想像すると、それだけで少し幸せな気持ちになれるのです。

 

さらに彼女が私に手料理を作ってくれることもあるでしょうし、これまでとは違って楽しく食事できそうだとも思います。

 

早く実際に彼女を作って、我が家の食卓を明るくしたいです。

 

一人暮らしをしていると、帰宅してから食事の準備をするのが面倒だと感じてしまい、つい外食で済ませてしまうことも多くなります。

 

だからといってあまり贅沢はできませんから、行くのは主にファミレスです。

 

店内は食事時でたいへん混んでいますから、その中にカップルがいるのも珍しいことではありません。

 

私が一人で黙々と食べている隣の席から、カップルの楽しそうな笑い声が何度も聞こえてきます。

 

そんなとき、私はあえてそちらを見ません。

 

なぜなら、見てしまうと余計にうらやましいという思いが強くなってしまうからです。

 

自分にも彼女がいれば、あんな風に楽しく食事できるのかな…などと心の中で思いながら、いつもどこか寂しい気持ちを抱えて店を出ることになります。

 

私も彼女がほしいな…と、強く感じる瞬間です。

 

人間にとって食事の時間というのは本当に大切なものですし、その大切な時間を彼女と共有できたとしたら、それ以上に幸せなことはありません。

 

彼女に食事を作ってあげたいですし、彼女に食事を作ってもらいたいです。

 

そして外食するときは、彼女と笑顔で会話をしながら食事を楽しみたいです。