偶然、理想の女性と会った時にドキドキする感覚を持つと彼女が欲しいと思う

何年も彼女がいないと、その生活スタイルに慣れてしまいます。彼女が欲しいと思う反面、出不精で人混みが苦手な時期が長く続くと、仕事以外で他人と出会う機会が全くないのです。そうなると、恋をすること、つまり彼女を何が何でも欲しいという思いが萎みがちです。周りの友人らに既婚者が多くなると、ますます出会いの場へ出向く機会が無くなります。そんな精神状態や生活状況でも、「彼女が欲しい」と強く願う時があります。仕事やプライベートで偶然にも私の理想とする女性と出会った時です。

 

容姿も理想どおりに和風美人、性格も穏やかで優しい感じの女性ともなれば、ドキドキ感が自然と出てくるのです。これまで全くそんなドキドキ感がなかったのに、理想の女性を見た瞬間には、本能的に恋するのです。そんな時は、「こんな女性と付き合いたい。彼女が欲しい」と心底、思うのです。理想な女性なので、全てが良く見えるのです。体臭も凄く良い匂いだし、笑顔も天使の微笑みだし、スタイルも妄想で膨らみまくりです。どこに自分の男性ホルモンが隠れていたのかと思うほど、気分が高揚するのです。これはフェチなのですが、私は方言フェチです。方言を話す女性と出会うと、トキメキます。普段は、自分の住む地域の言葉しか聞かない中で、方言を話す女性と出会うと、一気にその女性に対する評価が上がります。

 

方言がある女性の場合は、一般的に私が持ってる理想とする女性の条件を無視してしまう時もまれにあります。方言というだけで、「恋がしたい。方言を話す彼女が欲しい」とさえ思ってしまいます。つまりは、方言を話す女性で理想とする条件の女性と偶然にでも出会うと、瞬間的に、彼女が欲しいと思えます。

 

私の友人や知人が付き合っていてもそんなに彼女が欲しいという感覚は出てこないです。あくまで、私の理想の女性と偶然にも出会えた時に、彼女が欲しいという強い思いが出てきます。最近では、広島出身で看護師をしてる童顔の女性が広島弁と理想の容姿がマッチしていて、とにかく仲良くなりたいと思って、自然と饒舌になっていたのを記憶しています。もう、地方に移住してしまった方が理想の彼女と出会えるのかもしれないです。