インターネットの広告を見ていると彼女が欲しくなる

最近では、ネットで婚活ができるとか、彼女を作ることができるような広告が多く配信されていると思います。この広告を見ていると、自分に彼女がいないことが寂しいと感じてしまい、彼女がいるならいろいろと楽しめることが多くあるんだろうなと考えることが多くあります。一緒に話をしたり、同じことに挑戦してみたり、彼女がやりたいことをサポートしてあげたりと、多くの楽しみができるような気がするので、広告を見るたび欲しいと思ってしまうことがあります。

 

広告自体は、どのようなサイトを見ても見つけてしまうものですから、見つけるたびに彼女がほしいなと思うこともあります。広告自体は、邪魔でしょうがないものばかりですが、見つけてしまうとその度、年齢的なことを考えても作ったほうがいいかなと思わずに入られません。ただ、人に声をかけることができなかったり、自分が何とかして話をしたいと思っていても、相手の人に嫌がられてしまうことが増えてしまうために、挑戦できない部分が多いのです。

 

もう1つ気になってしまうことは、彼女を作ればコンプレックスの解消にも繋がるかなと思っているからです。自分がダメだと思っているところは、彼女を作ったことによって改善したり、逆にいいことにつなげることができるかなと思っている部分もあります。そうした気持ちを広告が持たせてしまい、自分は彼女を持ったほうがいいかなと感じてしまうことが多くなってしまいます。出来る限り彼女を作るために、自分を言いように思ってもらえることが大事だと思い、今では色々な工夫をしています。

 

できれば、相手の人から声をかけてくれればいいなと思っていますが、そうしたことはなかなか起こらないので、男性から積極的に行かないとダメなんだろうと思っています。広告を見るたび、自信がないけど彼女がほしいという気持ちがどんどん生まれてきて、自分好みの女性が近くにいないかと、色々な場所に行って探してしまうことがあります。