男同士で海水浴に行くと周囲はカップルだらけで心底彼女が欲しいと感じました

私がこれまでに一番彼女が欲しいと感じたのは、夏に友達数人で海水浴に行った時の事でした。もちろんこの時のメンツは男ばかりでそれはそれで楽しかったのですが、周囲を見渡してみればカップルだらけという有様です。しかも私たちと同じように友達同士で来ているであろう集団なのに、そこに女性が混じっている人たちもいて、めちゃくちゃ羨ましいと感じてしまいました。

 

そして私たちが男ばかりで海水浴を満喫していると、どこからともなく女性の笑い声や楽しそうな声が聞こえてきます。なのでそちらに目をやってみればイチャイチャとしているカップルの光景が目に入り、腹立たしい思いとともに視線を他に向けると、そこにまた別のカップルがいてといった風に、男ばかりで来ている私たちには実に目に毒でした。

 

それになんといっても海水浴にいる女性はみんな水着姿ではしゃいでいるので、絶対に普段より一割増で可愛く見えるはずです。げんに私もこの時、周りにいる女性陣がみんな可愛く見えて、なんでこんな平凡な男性に可愛い彼女がいるんだとやっかみ半分で思ったものです。それこそ彼女のいる男性と私とではいったいどこに差があるんだというワケです。

 

でも冷静に考えれば別に女性も外見だけで男性を選んでいるわけではないだろうし、ただたんに私が勝手にやっかんでいただけでしょう。

 

とにかくこうして私は、というより私と友達とで来年の夏こそは彼女と一緒に海水浴に来てやると誓ったのですが、いまだに彼女のできる気配は少なくとも私にはないのが無念です。そこまで理想が高いわけでもないのですが、これはきっと私に魅力がないせいではなく、たんに出会いがないだけだと思いたいです。

 

そんな私ですが、普段は男友達ばかりで遊ぶのも気楽で良いと思っています。でもやっぱり夏の海水浴や花火大会などのお祭り、冬のクリスマスなど大きなイベントがある時期には一人だと寂しく感じるし、心底彼女が欲しいなぁと思ってしまうのでした。