季節の変わり目はこれまでのいろんな恋愛の経験と記憶が蘇ります

最近新たな恋を見つけられそうな予感がしているのですが、と同時にこれまで付き合った女性のことや恋愛について過去の記憶を辿ることがよくあります。

 

ちょっとした場面で流れる昔の曲なんかがきっかけなんですが、好きな人とよく聴いた曲や想いが伝わらずに落ち込んた時に流行っていた歌なんかも、どれも当時の記憶を鮮明に思い出させてとても切ない気持ちになったりします。

 

きっと食事も喉を通らないほどショックな出来事だったりしたんでしょうが、さすがに年月が経つと少しは笑って済ませられるようになりました。

 

特に季節の変わり目は危険ですね。

 

夏の終わりなんてよくテーマになってたりしますし、秋の始まりも気候も重なって何だか哀愁を感じます。

 

冬はクリスマスももちろんですが、春がもうすぐといった季節に恋愛を重ねるような歌詞の内容も思い当たる曲がいくつかあります。

 

卒業テーマも恋の終わりとリンクしますね。

 

今思い出すと私自身学生時代からいろんな恋愛を経験してきたんだなと、振り返って初めて実感するのですが、あんなにいつも誰かを好きだった自分がいつの間にか影を潜め、恋愛下手なただの中年男に成り下がるなんてきっと昔を知る古い友人たちは思いもしなかったでしょう。

 

でも恋愛ってブランクが長いとどうきっかけを作って良いのか忘れてしまうものですね。

 

この数ヶ月気になる女性が職場にいたりするのですが、歳が結構離れていたりしてどうしても積極的になれない自分と葛藤しています。

 

相手もおそらくですが自分に対して悪い感情は持っていなくて、毎日ほんの少しですが二人っきりで話すことがあります。

 

けしてこちらから一方的なわけでもなくて、時には向こうから声を掛けてくれることも珍しくありません。

 

もちろん同僚の一人ですからそれ自体特別なことでもないのですが、少し小声で私の女性観なんか聞いてくるのでドキッとしていまいます。

 

見た目は派手めですが性格は案外まじめな女性、けして八方美人ではなくて実は家庭的な部分を持っているのが会話の中に見え隠れします。

 

言うなれば仕事中にほんの数分の会話がデートのような気持ちにさせてくれるのですが、何ともその物足りなさが愛おしく感じたりする時があります。

 

その女性が自分の彼女だったら何となく楽しいのかな、なんてふと思ってしまうのですね。

 

つい先日二人の会話中に流れたFMのリクエスト曲、昔結婚を意識した元カノが好きだった曲でした。

 

横にいるのは今意中の女性ですが心のどこかで時間が巻き戻したくなるような気持ちになっていました。