友人ののろけ話を聞いて彼氏が欲しいと思う

彼氏が欲しいと思うのは、友人ののろけ話を聞いたときです。

 

私は長らく彼氏がいません。

 

普段はあまり気にしていないのですが、友人のそういった話を聞くと羨ましくなってしまいます。

 

だからといって何か行動を起こすかというとそういうわけではなく、妄想で終わってしまいます。

 

しかも、妄想で満足してしまうのです。

 

信じられないと思われる人もいるかもしれません。

 

確かに私もそう思います。

 

以前は、妄想だけでは満足出来ませんでした。

 

ですが、最近は妄想だけでお腹いっぱいというと大袈裟ですが、結構満足出来るようになってしまったのです。

 

ですので、彼氏がほしいなと思うたびに妄想して満足して、彼氏が欲しくなったらまたというかんじの繰り返しです。

 

こんなことを、友人に言ったことはありません。

 

言ったらどんな顔をされるのか分かったものではありません。

 

私の友人の中には恋愛体質の人がいて、おそらくその子は妄想だけでは満足出来ないでしょう。

 

ですが、私だって危機感はあります。

 

妄想だけで満足出来てしまうということは、恋愛に意識が中々向かないということにもなってしまいます。

 

とは言いつつも憧れがないわけではないので、なんとかしたいところではあります。

 

それでも行動する気になれないのは、恋愛にそこまで期待していないからかもしれません。

 

だんだん枯れ果てていくようで悲しくなってしまいます。

 

ですので、もっと友人ののろけ話を積極的に聞こうかと最近は思い始めています。

 

たくさん聞けば、その分憧れも増して妄想だけでは足りなくなるのではという考えです。

 

そうなれば良いのですが、それでもなお妄想で足りたらどうしようという不安もあります。

 

おそらく、あまりにも長い期間恋愛から遠ざかってしまったということなのかもしれません。

 

ですが、考えているだけではもったいありません。

 

とにかく今は、恋愛の楽しさを思い出したくてたまりません。

 

思い出したら、彼氏がもっと欲しくなると信じたいです。