女友だちに先を越された!そんな時、自分も早く彼氏が欲しいと焦ってしまいます。

女友だちって微妙な関係にありますよね。普段は一緒に遊びに行ったり、コスメの話で盛り上がったりと楽しく過ごせる間柄でも、どこか相手に探りを入れて、相手を出し抜くような瞬間を狙っている時があるんですよね。特に結婚や出産など、人生のポイントになる部分では、お互いに相手の動向を探り合っている傾向があると思います。相手に先を越されたら嫉妬してしまうし、自分が先だとしたら優越感を持ったり、女性同士の友情って時には難しいものがあります。

 

女友だちも30代になると、結婚した人、子持ちの人、独身の人、専業主婦の人などその人の属性に合わせてグループができたりします。私は30を過ぎてもまだ独身なので、独身者グループと遊ぶことが多くなっていました。でも、独身者グループの中でも、1人、また1人と結婚していき、数がどんどん減ってしまうのです。口では「おめでとう!」と言うものの、先を越された悔しさと寂しさから何とも言えない気持ちを味わうことになります。最近ショックだったことは、「私は絶対この子よりは先に結婚できるわ」と少し見下していた友だちの結婚報告があったことです!彼氏がいることも知らなかったのですが、「結婚するの、しかもでき婚なの。これから忙しくなりそう」と優越感に浸りながら話している彼女に、激しく嫉妬してしまっている自分がいました。

 

「あんな子でも結婚できるのに、私には彼氏すらいない!どうしたらいいの?」と内心、泣きたい気持ちで一杯になりました。彼氏が欲しくて欲しくてたまらなくなり、そのことをついつい男友だちに愚痴ってしまったのですが、「人に嫉妬して、人と比べている内は幸せになれないよ!」とビシッと言われて目が覚めました。今のような醜い気持ちでは彼氏ができるわけないですよね。次々と結婚していく友だちを見て、今すぐにでも彼氏がほしい気持ちで一杯なのですが、少し冷静になって良い相手を探そうと思っています。自分は自分!と心で呟いています。