嬉しいこと、悲しいことがあった時に感情を分かち合う彼氏が欲しい

彼氏が欲しいを思うのは、嬉しいことがあった時に連絡して、一緒に喜んで欲しいと感じる時です。喜怒哀楽を一緒に味わえたらいいな、と思うのです。

 

特に嬉しいことは自分にとっていいことなので、誰かに言いたいと思うのですが、同性の友達に言うと、なんとなく自慢のような気がして、嫉妬される可能性もなきにしもあらずなので、純粋に喜んでくれる彼氏が欲しいです。

 

ショッピングをする時にも、彼氏がいたら見立てをしてもらえますし、似合うかどうか教えて欲しいと思います。

 

夜、誰かと話をしたいと思っても、女友達はそれぞれ忙しかったりするので、長話ができないのですが、彼氏がいたらたわいもない会話に付き合ってくれると思います。

 

利害関係なく素直に喜んでくれる相手は彼氏しかいないと思います。悲しいことがあっても、胸を貸してくれる彼氏が欲しいです。頼りになる彼氏がいてくれたら、いろいろなことにチャレンジできるような気がしますし、たとえ失敗しても慰めてくれる彼氏がいてくれたらな、と思います。

 

嬉しいことがあった時に、真っ先に伝えたい相手は彼氏です。

 

寂しくなった時にも彼氏がいてくれたら、寂しさを紛らわしてくれるでしょうし、彼氏がいたら寂しいと感じることも少ないと思います。

 

友達は彼氏のことを面倒臭いとか言いますが、実際はいてくれていろいろなことを話すことができてストレス発散にもなっているようです。私もいろいろなことを話せる彼氏が欲しいです。

 

その日にあったことを連絡したり、仕事の愚痴を聞いてもらったりすることができるので、やっぱり彼氏がいてくれた方がいいです。

 

迷っている時も、確実に自分に良い方をアドバイスしてくれるので、彼氏の存在は大きいです。

 

同性ではなんともできないことを彼氏だったらなんとかしてくれそうな気がしますし、甘えることができるのは同性の友達よりもやっぱり彼氏だと思います。

 

嬉しい時に一緒に喜んでくれる彼氏が私は欲しいです。