彼氏が欲しいと思ってしまうのは自分が弱った時

私が彼氏が欲しいなあと思うのは、やはり1番思う時は人生の辛い時ですね。

 

そうゆう時に話を聞いてくれたり、慰めてくれる人がいたらいいなあと思います。

 

自分ではどうしようもない時にそばで話を聞いてくれたり、大丈夫だよって言って欲しいです。

 

あとはクリスマスやバレンタインデーなどのイベント事の時には凄く欲しくなります。

 

恋人のイベントなので、友達や家族だけだと楽しいには楽しいのですが、虚しい気持ちになることがあります。

 

特にそんな時に1人で過ごしている時はかなり虚しいです。

 

クリスマスなどのシーズンの時は周りの楽しそうな感じや、カップルがいちゃいちゃしていたりしていて、彼氏がいたらいいのになあと感じます。

 

あとは、精神的に辛い時もそうですが、熱が出た時なども彼氏が欲しいと思います。

 

一人身で高熱でとてもじゃないけど、買い物にも行けない、料理も出来ない時に看病してほしいです。

 

熱がある時も精神的にも弱ってるので、一緒にいてくれるだけでも気持ちは落ち着きます。

 

そこでお粥を作ってくれたり、お店でスポーツドリンクやゼリーを買ってくれたりしたら本当に嬉しくなります。

 

あとは周りの既婚の人達が楽しそうに過ごしているのを見ると彼氏が欲しくなります。

 

愚痴なんか言ったりしても、やはりどう見ても楽しそうに幸せそうに見えます。

 

そうゆう時に自分はずっと1人なんだなと思うと悲しくなってきます。

 

あとは何もすることがない時にも欲しくなります。これがしたい、あれがしたいと思うことがない時に無性に彼氏がいたら楽しいんだろうなと思ってしまいます。

 

自分のことだけしていればいいのは楽ではあるけれど、彼氏が行きたいところに行ったり、彼氏の趣味に付き合ったりとそうゆうのもいいなと思ってしまいます。

 

こう考えてみると、夢がある時はそれに突き進んでるので、彼氏が欲しいとかは考えないのですが、自分が弱っている時や何がしたいかわからなくなった時に支えになってくれる人が欲しいと感じます。