無性に彼氏がほしいと思うのは一人でいる時

私は一人暮らしをしています。実家を離れて、遠くに一人で住んでいるのです。ここには職場の知り合いしかいません。だから休日には一人でいる事もあって、とても寂しい時もあるのです。同僚には彼氏がいます。だから私の相手ばかりしてもくれないのです。

 

仕事が終わって、一人で家に帰る時はとても寂しいです。誰も待ってはいないのです。そして暗い部屋に帰るのです。仕事帰りに飲みに誘っても、みんな彼氏との予定が入っているので断られます。特に金曜日なんてほとんどそうなのです。だから私は寂しく一人焼肉屋、一人居酒屋へ行くのです。最初は一人のほうが気を使う事もなくて、とても楽でした。でも今ではやはり誰か相手がほしいのです。友人や彼氏と一緒に飲みたいのです。それができないって、本当に寂しいです。

 

それに休日を一人で過ごしていると、とてもむなしいです。外出してもまわりはカップルだらけなのです。映画を観に行っても、カップルだらけです。何をしていても、やたらとカップルが目に付くようになったのです。結構重症みたいです。

 

だから私も彼氏がほしいです。誰でもいいというわけではありません。好みだってあるのです。でも身近にそんな素敵な男性がいなかったのです。だからいまだに一人身のままなのです。

 

もうすぐ三十歳なので、実家から早く結婚しなさいと催促の電話があります。でも相手がいないのだから仕方がありません。母はよくお見合い話を持ってきますが、できれば恋愛結婚をしたいのです。

 

最近では母がお見合いの話しをするたびに、私は彼氏がほしくなるのです。一回でいいから母に言いたいのです。「彼氏がいるからお見合いなんてしないわよ」と言いたいのです。もちろん今まで一回も言った事がありません。だから一回言ってみたいのです。

 

一人でいる事がこんなにも寂しくて、たまらなくなってきました。彼氏を作って、もっと充実した日々を過ごしたいと思っているのです。すぐにでも彼氏がほしいです。