彼氏が欲しいという思いが切実な妄想生活と虚しさの日々。

彼氏が欲しいと感じる時は、色々なケースがあると思うのですが、1人暮らしで仕事が急に休みになった時や、年齢を重ねる毎に1人だと思う事で、虚しさを感じて出会いの場を探してしまう時等です。

 

未だに1人で居る事で出会いはいつになったらと思う事もあるのですが、そんな時に婚活パーティーの会社を見付けた事です。

 

でも、実際は出会いが無いので通うのですが、未だに出会いも無く寂しく過ごしています。パーティーのテーマも色々とあるのですが、クリスマス企画でのパーティーはカップルになる。との勢いで行き、参加をするのですが結果は不成立になる事で、一人ぼっちのクリスマスになると言う切ないクリスマスを過ごす事になった事もあり、虚しさで街行く若いカップルを見ると羨ましく思い、自分もあんな風に並んで歩きたいと感じます。

 

そんな生活を繰り返しているのですが、本当に思い感じる事はクリスマス、バレンタインデー、ホワイトデー等カップルにしか味わえない楽しみとなるイベントがあるのはシングルで居る側としては悔しさも思いますし、義理チョコを配り歩く事もあったりする行為が一番悔しいと思ったり、色々なお店でも商戦でイベントをしている街中を歩く事も抵抗を覚えたりする事です。彼氏が居たらこんな時、どうするのだろう。と思う時もあったりして日々が妄想との戦いです。

 

そんな私の妄想は、クリスマスには自分でホールケーキを買って彼氏と食べているフリをして寂しくケーキ一日で全部食べてみたり、バレンタインデーは自分で高級なチョコレートを買ってプレゼント用にして貰い、自宅に持ち帰って食べたりするのですが、何も進展が無い訳なのですが、こんな日々の生活にいつかはピリオドを打ちたいと思う事で、彼氏が出来るまで私の戦いは続くので未来の私には将来幸せになるのよと言わしめる夢を見て行きたいと思いつつ妄想して行く事で、幸せの獲得をして行ける日々を獲得して行きたいと願い、婚活パーティーでも頑張って行きます。