しみじみ彼氏が欲しいなと思う瞬間は休日車で好きな場所に出かけられない時や自分の老後をふと考える時です!

30代になって彼氏が欲しいと思うキッカケは、やはり親戚同士が集まる新年会や結婚式などで皆で久しぶりの顔合わせをした時です。

 

いつも叔父叔母には「結婚する気あるの?」と常套句のように聞かれ、いつも事前に理由を自分なりに考えて返答してます。

 

私のいとこ6人は全て既婚者で可愛い盛りの子持ちなので、何だか自分だけが親不孝をしてるみたいで申し訳ない気持ちにもなりますし、一人娘なので誰か信頼できるパートナーが1人でもいたら、高齢の親をお世話する時が来ても心強いと思えるでしょう。

 

最近は結婚相手を探すのにもパーティーや相談所に入会してお金を掛ける時代と言われてるので、自分が自然体でいられて甘えられる彼氏がいれば、婚活する出費も抑えられて経済的にも良い影響を与えられるとも感じてます。

 

あと30代になって、彼氏がいないと少し恥ずかしいなと出かけるのを遠慮する場所は、ファッションブランド店が多く入ってるショッピングモールです。

 

本当は私は大のブランド服好きなのに、ショッピングモールで袋いっぱいの買い物をしたくても、荷物を自分の手で抱えて徒歩で自宅まで帰らなければならないのは意外に空しいです。

 

しかも運転免許を私は持ってないので、こういう時に彼氏がいると遠方のディズニーランドや温泉などにも車で何度も行けるし、若いうちに楽しい経験が沢山できるのに、自分の視野が広がらないまま勿体ない時間を過ごしてる感じもします。

 

そして最近特に心の中で深く考えるのは、彼氏がいて初めて実現できる結婚後の子作りです。

 

独身にも係わらず皮肉な事に子供好きな私は、どんどん高齢出産の年齢に差し掛かってるので、深い愛情を育める彼氏すらいない事に焦りを感じてます。

 

自分の遺伝子を残す事ができれば、もしパートナーに先立たれても自分が永眠する時に寂しさを感じないだろうし、人生で成し遂げられなかった事も安心して任せられるので、自分だけの家族を作る為にも彼氏はやはり心から欲しいと感じるこの頃です。