30代になり外出先でも心の底から彼氏が欲しいと切に思う

外出先では頻繁に彼氏が欲しいと思います。今、外出するととくに思います。それこそ10代や20代の頃は気にならなかったことなのですが、30代ともなりますと女同士で出かけている人がグッと減っていますので。そしてまた、そのようなことに気がついたのも自分がアラサーと呼ばれる年齢に入ってからのことなのですが。やっぱり妙齢の女性ともなりますと、気になってしまうというものなのです。

 

それに「お一人様」な行動にしましても、10代20代の頃は「群れてなくてかっこいい私」ぐらいに思っていたりもしたのですが、30代でお一人様行動は当たり前と言えば当たり前なのですがなんだか寂しいものがあるのですよね。

 

これで薬指に結婚指輪でもはめていれば余裕があるというものでしょうけれど、そのようなアクセサリーはありませんからね。最近では「いっそ自分で購入してしまおうか…」などと思うほどですから。自意識過剰だと言われればそれまでですが、30代になりますとパートナーがいないことによって外出すら心からすべてを楽しめなくなっていますので。

 

結婚をしていないまでも、これで彼氏がいるというのならば心に余裕が生まれてこのようなことも考えなくもなるのでしょうけれどね。いかんせん彼氏いないものですから。ですから外出先ではとくに「彼氏欲しいー!」などとも思うのですよね。若い頃は彼氏がいなければいないで自分の時間も楽しんでいましたが、年をとっても相変わらず自分一人の時間だらけともなりますと、「寂しさ」というか「むなしさ」が出てきてしまうのです。

 

やっぱり美味しい料理やキレイな景色、興奮する体験を誰かと共有したいと思うものですから。そして女友達は続々と結婚をしていって、付き合ってくれる人もいなくなってきていますからね。そこで一人旅に出てみたところで、周りはカップルや家族連れですし、シングルルームの数は少ないので行楽シーズンは予約すら取り辛いというものですから。シングル用の部屋は数が少ないこともあって、すぐに埋まってしまうのです。

 

ですからもう、30代になってからはとくに映画館でも飲食店でも旅行先でもでそうですけれど、外出先にて「彼氏欲しいな…」と、へこむことは多いですね。