結婚してよかったことだらけです!

既婚者による結婚生活体験談14

結婚して12年、大好きな人と恋愛の末結婚しました。
新婚当初は、結婚に対しての理想と現実の違いも多々あり、親戚関係や生きてきた環境の違いなどで悩んだ日もありました。

 

でも、自分が選んで一緒になった人なので乗り越えるのは一人ではなく二人で、しっかり自分の思いや相手の思いをお互い知ることが大切で話し合いもたくさんしました。

 

子供がほしい中、中々できずに周りからは早く早くと焦りを感じさせるプレッシャーもあり落ち込んでいた日々の中、夫は子供は欲しいけれど、子供を作るために結婚したのではなく家族になりたくて一緒になったから二人で居れればいいよと声を掛けてくれてどんなに気持ちが楽になったことか、周りのプレッシャーからもしっかり守ってくれました。

 

その後、落ち着いてから子供が出来、二人での生活とはがらりと変わった生活で幸せが倍増しました

 

 

夫は最初父親になりきれず、妻が子供にかかりっきりで相手にされないと感じさびしかったと言っていました。

 

でもそれについてもしっかり二人で話をし、お互いの感じていることや意見を押し付けるのではなく、分かり合う時間を常にもって生活しています。

 

仕事でのストレス、家事育児のストレスをお互いにぶつけるのではなく、聞いてもらったり、料理や家でのくつろぎに気を使ったりとお互いでお互いを思いやり、感謝する事を自然にしてきました。

 

途中、借金やゲームのし過ぎで喧嘩にはなったことはありますが、話し合い、わかりあう、寄り添うことで仲良く出来ています。

 

常に、当たり前のことでも「ありがとう」という言葉が飛び交う夫婦です。

 

結婚してよかったことは、家庭という一つの中で夫、妻であり親でもある二人が自分を押し付けることなくうまく意見を取り入れ生活する事で、些細なことでも笑顔が生まれ、毎日笑っている明るい家庭であること、その中で子供も笑顔が多いこと、親戚関係も問題は多々ありますが大切に思えることが幸せです。

 

すごくいい人にめぐり合い、結婚でき、子供にも恵まれて幸せ一杯です。また生まれ変わってもこの人と一緒になりたいと思えます。