お金を貯めるなら結婚

既婚者による結婚生活体験談18

結婚した時には本当に貯金がありませんでした。結婚式の費用(それも自分たちで手作りで、人前結婚式だったので、格安でした)、新婚旅行の費用、新居の費用(ほんの少しだけ家具を買いました)などを払ったら、本当に貯金がなくなりました。それなりに給料はもらっていたのですが、外食が好きなので、そして必ず一緒に行った女性(結婚相手だけではなく)にはおごっていたので、そのせいで貯金がなかったのです。

 

それで結婚して、お互いの貯金通帳を確認したところ、おそらく彼女は「本当にこの人に任せておいたら家計は破たんする」と判断したのだと思います。その時から、家計は彼女の管理下に入りました。とはいえ、まあまあの額で小遣いをもらっていましたし、彼女以外の女性と外食をすることはなくなっていたので(さすがに!)不便な感じはありませんでした。

 

結婚前は、わからなかったのですが、結婚して知った彼女の美点というか、よいところの一つは、「経済感覚がしっかりしている」ということでした。

 

 

エクセルで管理している家計簿を時々見ると、毎月かなりの額のお金が残っており、それがすべて貯蓄に回っています。具体的に言うと、可処分所得が月60万くらいだとすると、そのうちの半分は確実に残っていますので、年間で300万から500万くらいの貯蓄になっています。こんなことは私にはできません。

 

特に食費は、外食を除くと、2人で月2万円程度です。ネットなどで人の家計の話を見ていると、これは破格に低い額だと思います。それでいて、じゃあ毎晩の食卓が質素かというと、ちゃんとおかずは3品くらいしっかりしたものが出ていますし、そこには肉料理か魚料理のような「メイン」のものも入っています。ですので、食事に関する不満も全くないのです。

 

彼女がそうやって、家計を管理し、貯蓄を増やしてくれているおかげで、マンションも買えました。それなりの金額のマンションでしたが、それも5年くらいでローンを全額返済し、今は全くの自分たちの財産です。それでいて貯蓄も確実に貯まっていて、あまり言うといやらしいですが、億の位の金融資産があります。
何度もいいますが、これは結婚していなくて私一人だったら、絶対にできなかったと思います。家計の話で言えば結婚は完全に成功でした。