家族が増える喜びが結婚にはある

既婚者による結婚生活体験談21

私の友達には、結婚しても、子供がいないご夫婦が5組みもいます。この方たちは、夫婦2人だけのために、それ程倹約しないで、ある程度自由にお金を使えますので、それは素敵なことだと思います。我が家の家族構成は、2歳年上の主人と2人息子と私の4人家族です。

 

上の子供が1年生になるまでは、私は専業主婦でしたので、主人のお給料日まで副収入が無かったので、赤字を出さないようなやりくりが大変でした。でも、子供が小さい内は、それ程出費はかさばらなかったので、何とか倹約すれば、1ヶ月を過ごす事が出来ました。よく、結婚とは他人同士が一緒になるので、お互い忍耐をしなければやっていけないものだ、と言われてきましたが、結婚当初は、夫婦とも、20代後半でしたので、意見が合わずにしょっ中けんかばかりしていました。

 

 

子供が物心つく年齢になると、主人の仕事も忙しくなり、私も仕事復帰して、お互いに生活パターンが決まってきて、けんかもほとんどしなくなりました。子供も、親がけんかしないと安定した気持ちで生活できたのだと思います。私は、2人の子宝に恵まれて、子供を通して、少年野球を見に行ったり子供たちの親とも仲良くなれましたので、とても充実した日々を送ってこれたのだな、と今感じています。

 

家族が増えると、主婦は家事が大変になりますが、それ以上に楽しさや喜びをもらっていると感じます。結婚して、20年あっという間に過ぎてしまいましたが、いつもの家族がいる家はとても安心ですし、仕事で疲れた時でも、冗談を言い合っているうちに、気分が良くなりまた明日から頑張ろう、という気持ちになれますので、結婚して家族が出来て良かったと感じています。自分の全てを受け入れてもらえる場所が、家族だと思います。