結婚の素晴らしいところ

既婚者による結婚生活体験談30

結婚するということは他人と家族を築くことが恋人との一番の違いであると考えます。一緒に生活をすることももちろん素晴らしいことですが、同棲であったとしてもそれは可能です。

 

一番の違いは、相手と相手の家族との付き合いが出てくることです。もちろん世代も環境も違ってきますから思ったようにいかないことも多いです。一般的に嫁姑問題など社会問題化しているところもあります。ですが、自分と配偶者という好き合って一緒になった人だけでなくその家族とも長きにわたって親密な関係を築いていけるのも、結婚のむつかしさでありそしてすばらしさであると思うのです。

 

人間は一人では生きて行けませんし、自分の周りにいる人だけを取捨選択していると、似たような価値観だけで物事が形成され、そこからドロップアウトをするとまるで価値のない人間であるかのように思いがちです。

 

 

ですが、結婚という制度を通して相手だけでなく相手の家族とも関係を築いていくこと、それは、年齢層も性別も違う人間ですので、さまざまな価値観を持っています。だから、自分の思い悩んでいることが本当は大したことではないと実感することができます。

 

さまざまな人に合わせていくことによって、自分の価値観が広がるだけでなく、人間としても魅力的な人になれるのではないかと思います。

 

血はつながっていなくても、何年も何十年も家族としてお互いを認め合いそして仲良くしていけることにも結婚のすばらしさがあるのではないかと考えます。たとえ自分の家族に不幸があっても、相手の家族がいれば自分は一人ではないという実感も生まれます。大変なことも多いですが自分がお年寄りになったとき、長い目で見れば家族をもう一つ築くことも結婚のすばらしさであると思われます。