幸せは2倍に悲しみは半分に…本当です!

既婚者による結婚生活体験談32

結婚して、もうすぐ20年になります。主人とはお見合いで知り合いました。結婚した当初はイライラすることも多く、価値観などの違いから、すれ違いの生活を送ることもありました。

 

けれども、子ども二人も高校生と大学生になり、今では夫婦二人の時間を楽しめるように、心の余裕も生まれてきました。

 

若い方の中には「結婚なんて、しなくてもイイでしょ。」と思う方もいるかもしれません。けれども、「幸せは二人で分け合い、悲しみは二人で半分にする」ことが出来る、結婚はとっても素晴らしいシステムだと思います。

 

システムなんて言い方をしてしまいますが、実際にそう。若い頃は独身の良さを実感してしまいますが、年齢を重ねると「一人の孤独」は本当に辛いもの。二人でいるからこそ、楽しみは2倍に、悲しいことは最小限にすることができます。主人が定年を迎えるまで、あと数年はありますが、夫婦で定年退職後には、田舎に引っ越したいねと話しています。

 

 

私はパンを作るのが趣味、主人は大のアウトドア好きなので、都会生活が少々窮屈になってきたからです。休みの日には太陽と一緒に起きて、主人が作ってくれた生野菜でサラダとスープを。私は気ままに作った焼きたてパンで、ブレイク。そんな楽しみ方も素敵だな~と思います。

 

これから結婚を考えている方、結婚って本当に良いものですよ。私たち夫婦は出会って20数年ですが、「こんな事が好きだったんだ!」と驚くこと、知らない事が山のようにあります

 

自分だけでは知り得なかったような体験が出来るのも、結婚の醍醐味。相手の趣味やライフスタイルに触れることで、毎日、新鮮な発見や喜びがあります。ぜひステキな相手と知り合い、心の底からハッピーになれる結婚をして欲しいと思います。