もうすぐスイート10。私の結婚生活を振り返る。

既婚者による結婚生活体験談49

結婚10年目、やんちゃな3人息子たちとにぎやかな毎日です。結婚当初、私には、借金がありました。飲食店の店長をしており、毎日、飲み歩き、ギャンブルもしていました。妻は、店のお客さんで、友人とたびたび来てくれる常連といっても良い存在でした。徐々に仲良くなり、周りにも冷やかされながら、連絡を取り合ったり、二人で食事に行くようになりました。

 

妻の家は公務員一家で、私の生活を話すと信じられないと言っていました。しかし、関係は更に親密になり、妻が20代のうちに結婚して、子供を生みたいと言い、その気がないなら別れるといってきました。結婚など真剣に考えたことのなかった私ですが、年齢的に考えても、年貢を納めても良い歳でした。妻と別れたくないという思いもあり、前向きに考えると返事しました。

 

それからは、とんとん拍子にことは進み、結婚が現実味を帯びてきました。そこで妻が、ひとつ条件を出してきました。新居用の費用として50万円ためること、約5ヶ月だったので、月に10万ということです。

 

 

借金がある状況から50万の貯蓄を作ることは容易ではありませんでしたが、必死になって貯めました。ぎりぎり、何とか不動産業者の契約に間に合わせることができました。そして、結婚し、もうすぐ10年、私は、あの時の経験が活きたのか、お金に対してかなりシビアになりました。

 

それまで、ほとんど貯金などしたこともなかったのに、こつこつ貯められるようになっていました。そして、結婚して6年目、妻のもうひとつの悲願、マイホームの購入にこぎつけました。

 

小さな中古の家ですが、自分たちの城を手に入れたのです。3人の子宝にも恵まれ、本当に幸せだと思います。そして、今年の結婚記念日で、丸10年、結婚指輪はさすがに作りましたが、婚約指輪もなし、貰うばかりで、ほとんどプレゼントしたことがない私ですが、スイート10には、それほど高価なものは無理でも、指輪をプレゼントしたいと思っています。

 

まだ確認してない500円玉貯金次第です。でもきっと妻は照れながらも喜んでくれるはずです。この10年をひとつの区切りであると共に更なる幸せへの新たなスタートにしたいと思っています。