結婚相談所に相談をして利用しますが担当者に怒られました。

結婚したいと思っていても良縁がなく独身人生を貫いて今年で47歳になってしまいました。年齢的にも結婚は難しいだろうと思っていましたが、やはり将来の事も考えて結婚したいです。可能性があるなら素敵な旦那さんとの生活を送ってみたいとも思います。そのためには自分で男性を探すのは難しいと思い結婚相談所へ相談する事にしました。結婚相談所では理想の男性とマッチングしてくれるサービスで、結婚まで上手く話が進むように協力をしてくれるサービスです。

 

今回は担当してくれた女性が私と同年代のベテランさんなので、大船に乗ったつもりになっていました、結婚相談所に行くと、まずは自分のプロフィールを作ることになりました。年齢から職業から好きな事や好きなタイプなど、自分を売り込むためのプロフィールです。とはいってもウソは駄目ですし、苦手なタイプなども正直に話します。どういう男性を探しているのかも担当者に相談をしたり、これまでの男性との関係なども詳しく聞かれたりします。

 

この年齢まで男性と結婚できない事には理由があるので、そこを追求しながら結婚相手を見つけてくれるそうです。色々話をしたところ、私自身にも欠点というか結婚できない理由もあるようです。認めたくはないのですが、図星なので頭に来る辺りがダメなんでしょう。実際にマッチングをしてもらい数名の中からお会いする人を選びました。レストランで合う事になり担当者も同席で話が進んでいきます。

 

その後はお互いの同意でデートを重ねていきます。結婚相談所の担当者には逐一報告する必要があるので面倒ですが、仕方がないですよね。慣れて来ると報告しなくても良いかな?と思ったりして報告をせずに過ごしていたら担当者から怒りの連絡が入ります。なんで勝手なことをしているの?と怒られました。彼への連絡は直接はしていけない決まりなのですが、メールを入れたことがバレました。

 

相手側の相談所からクレームが入ったようで、せっかく勧めていた流れを止めてしまったようです。そういう所が結婚できない理由だとお叱りを受けて反省をして一から頑張ることを約束しました。

 

結婚相談所のトラブル知らずな選び方