自分に合ったパートナーを探すために結婚相談所を利用

結婚相談所というと、どうしても私には馴染みの薄いものでした。

 

もっと年齢を重ねてから…失礼になるかもしれませんが、結婚がどうしても出来なかった時に利用するというイメージでした。

 

とは言っても、最終手段として結婚相談所を利用するという選択肢は以前はありませんでした。

 

以前はそうだったのですが、テレビである特集が組まれているものを見ました。

 

結婚相談所を訪れる20代の男性が、自分と相性の良いパートナーを探していたのです。

 

「へえ、こんな若い人も来てるんだ」という感想でしたが、その相談所では思った以上に本格的なものでした。

 

まずはシステムです、豊富なデータベースから条件を絞って探していくのですが過去の傾向からもピッタリであるという人を些細なプロフィールから導いていくのです。

 

私はこれを見て、ちょっと興味が湧いてきたものですから近くに相談所が無いか探してみました。

 

市街地の駅から歩いて数分の大通り沿いのビルが、その結婚相談所でした。

 

やはり全国展開している大きな結婚相談所は会員数も多いですから、条件に合った人を探しやすいのではないか?とも思いました。

 

意外と入会には手順を要しましたが、これも相手をしっかりと確認するためには必要なことなのでしょう。

 

ちゃんとしたところほど、こういう部分にはしっかりしていますよね。

 

スタッフさんの対応は丁寧なものでした、たくさんのカップルの成立を導いてきたのだろうなという安心感とともに「こんな私を求める人はいるだろうか?」という不安も若干ありました。

 

データベースで探していただくと、私の理想像であるプロフィールに合う女性がいたので早速お会いしてみようということになりました。

 

相手も同じ県内に住む人で、私達は実際に会って会話を持つ場を得ました。

 

相手の女性は細身で茶髪、そして優しそうな感じの人でした。

 

プロフィールでは分かりませんでしたが、話し方もどこか上品で声も優しいです。

 

しかし私のほうがかなりの緊張をしてしまい、会話が上手くいかなかったせいかお流れになってしまいました。

 

その後も良さそうな女性とお会いして、だんだんと会話も上手くいき4回目で付き合えるところまでいきました。

 

結婚相談所は最終手段では無く、いつでも選択肢に入れられる場所だと感じましたよ。

 

結婚相談所のトラブル知らずな選び方