突然の結婚へのリミットに、困惑する20代の私の手探りな婚活

実家を継ぐ都合から、現在私は20代婚活を余儀なくされています。初めからそうして焦らされることがわかっていたのなら、学生時代からもっとずっと真剣に恋人を探したのですが、方向性が定まったのがよりにもよって20代も半ばの頃だったので、今私は自分の中にもしこりを抱えたままに婚活に励んでいます。

 

正直、初め20代の内に結婚しろと親に言われた時には、いきなり目の前に現れた家庭を作るという可能性には戸惑ったものの、そこまで不安を抱くことはありませんでした。既に友人の中には結婚している者もいましたし、10代で夫婦となり今も幸せにパートナーと子供と暮らしている、従兄弟の生活を間近で見てきたこともあり、自分にもできるだろうと漠然とした考えがあったのです。

 

自分の認識が大いに間違っていたと知ったのは、母の言葉で恋人がいない現状に気付かされてからでした。冷静になってみれば、結婚の早い人というのは早くに運命の相手に出会っている人であるわけで、現時点でおそらくその相手を見つけられていない私は、そのスタート地点にすら立てていなかったのです。

 

僅かばかりの危機感を覚えた私は、その日から出会いを求めるための婚活を始めました。合コンを数度して、合コンにくる人はまだ結婚を考えてない人がほとんどだとわかった後は、婚活パーティーを初めとした、婚活と名のつくイベントに積極的に参加しました。

 

20代ということもあって、容姿も経歴も職業も平々凡々のスペックしか持たない私も、婚活の場でそれなりに注目を浴びることができ、初めのうちはとにかく楽しかったです。若さは武器とはよくいったものですが、それまで同世代の人間としかプライベートな付き合いをしてこなかった私には、武器として活躍する様はただただ新鮮でした。

 

しかし私が望む、遅くても二年の内での結婚を考えている人には、20代が必ずしも魅力には映らないことに、気付いて今慄然としています。どうやら20代なのに結婚に焦っている風であるのが、相手の警戒心を煽ってしまうらしく、がっつりアピールにいくと引かれてしまうのです。そんな私の事情とは関係なく、リミットは刻々と迫りますし、もうどうしたらいいかわかりません。20代での婚活の思いもかけない壁に、戸惑うことしきりの私です。

 

20代婚活成功のカギ!お金がなくても若さが武器!