20代の婚活はスピード勝負、自分の心が折れる前に沢山の出逢いでゴールを目指します!!

20代での婚活は早いと思われる方もいるかもしれませんが、私は小さい頃から結婚願望が強く今時珍しいのかもしれませんが結婚したら仕事を辞めて専業主婦になると漠然と考えていました。

 

なので、少なくとも29歳までに自分が結婚する相手が居なかった時には迷わずに結婚相談所に申し込むことを決めていてそのために、どこの結婚相談所が評判が良いのかも下調べしていましたし入会金はいくらなのか、月会費はいくらなのか表まで作っていました。結構な浪費家だったのですが、結婚相談所への資金は別で手を付けずに貯めていました。それほどまでに、どうして結婚相談所に婚活を期待していたかと言いますとまず結婚相談所なら初めの出逢いという所をプロが仕切ってくれるのでそこまでの労力を相手との相性などを見るのに全力を尽くせると思ったからです。

 

また、自分のデータ、求めるもの、相性などがコンピューターで判断されて初めからそこそこ相性のいい人に出逢える設計になっているので自分で出会いがあった時よりも色々と言葉は良くないですが省略できると思ったからです。恋愛のドキドキ感、相手がこちらをどう思っているのかの駆け引きなどは学生時代は時間もあり若さもありで良かったのですが、20代と言っても20代半ばに差し掛かるとどうでもよくなってしまっていました。

 

むしろ、元々そういう性格だったのが顕著にあらわれたのがこのころだったのかもしれませんが、まだ23歳くらいだったのですがひたすら焦っていました。

 

結婚は、出来れば26,27歳位でしたかったので交際期間を考えるともう猶予はあまりないなと考えていたからです。

 

23歳で私は全くの独り身、彼氏候補も自分の良いと思える人はいませんでした。そんな中から、結婚するまで持っていくには数をこなしてい掛ければならないと考えて私は、計画を練りました。恋愛に関してこんな事をしたのはその時が初めてです。

 

まず、自分の周りの人間に事情を正直に話しました。とにかく、恥も外聞も捨てて自分が結婚を目指している事を周囲に宣言しました。友人は良いとして、会社の同僚、そして先輩、そして会社の他の部署のおじさん達にまで何故か話が伝わってしまい、息子さんを紹介されかけましたがさすがに丁寧にお断りしましたがありがたかったです。

 

でも、正直に話すと皆協力的で沢山の協力が得られました。そして、現実の世界では沢山の社交をしながらインターネット上でも募集を掛けました。ちょっと怖かったですが、知人にネットで出逢って結婚したという人がいたので参考にさせてもらいました。

 

親類関係にもくまなく事情を話してお見合いの話も出た所で友人に紹介してもらった方と結婚が決まり20代の婚活に終止符を終えました。そこからは、周囲の協力者の方に皆さんに御礼を申し上げて感謝しました。逆にこちらが協力する形を取り全力で紹介を頑張りました。

 

20代婚活成功のカギ!お金がなくても若さが武器!