晩婚化で高を括っていたのに同世代の結婚に焦って婚活をスタート

晩婚化が進んでいるから20代はまだ結婚を考えなくてもいいんだなと思っていましたが、世間では晩婚化といわれていますが私のまわりの20代はどんどん結婚していき、同じ20代でも私だけもしかして結婚できないのではと日に日に焦ってきていました。

 

両親は焦らなくてもいいといってくれているものの、やっぱり早く結婚をして安心させてあげたいなという風に私は思ってしまいます。

 

なので婚活サイトを利用してみようと思って登録しましたが、そのことを同い年の友達に話すと結婚した知人のなかにも婚活サイトを使ってみたという人は多いらしいです。

 

婚活サイトを利用するのはもちろん初めてで、相手の理想像を入力する画面では私は特別美人ではないから高望みできないだろうなと思っていましたが、唯一私が結婚相手に求めるのは同じ地域に住んでいるということです。

 

なぜかというと例えば、私が相手の両親と同居すると考えみても、遠くに住んで離れていたら里帰りすることも大変になってしまうのではと思うからです。

 

実際に母がそのような感じだったので、結婚相手の家とじ実家が近い方が仕事している身としてはいいかなと考えています。何人かのかたが候補に上がってくれたのですが、その中からすぐに誰かを選ぶよりは一度会ってみたいと感じました。

 

なので無理をお願いして、一度お会いしてみることになりました。やっぱり実際に会うと印象も違う方もいらっしゃいましたし、むしろ会ったことですごく好感を持てる方もいました。

 

後日、お一人のかたと親しくしたいというふうにメッセージを送ってみて、それから数回食事をする機会もありました。

 

お互い20代なので向こうもまわりが結婚をしていくから焦ってという言葉にはすごく共感をしましたし、これからこの人ならうまくやっていけるかもしれないと回数を重ねるごとに思いました。

 

春から相手の方は単身赴任をしているので、最近のやりとりは主にSNSですが、具体的に結婚もお互い意識しているので、うまくいくといいなと考えています。

 

20代婚活成功のカギ!お金がなくても若さが武器!