20代の婚活はお互いの結婚観の温度差があるので、とても難しい

20代の時に周りの友人たちが結婚のラッシュを迎えると、私も結婚願望が出てくるようになりました。本当はもっと仕事を長くしようと思っていたのにもかかわらず。人の結婚式を見ると、自分も…とちょっと暗示にかかったように夢が膨らんでしまうのですね。それで結婚願望がわいてきたので、私のそのときに何回か婚活パーティーに参加したことがあります。私は婚活パーティーで何が何でも相手を見つけて結婚までいってやろうという強い気持ちがあったわけではありません。いい人がいれば…程度だったのですね。

 

でも婚活パーティーに行ってみると、本当に結婚結婚としか考えていない人もいるし、私のように言い人がいれば…程度の人もいたのでちょっと驚きました。一度は本当に結婚願望の強い人に好かれてしまって、断りきれずに一度デートをしたことがあるんです。それで相手はもう勘違いをしてしまって、付き合い=即結婚の図式が頭に出来上がってしまい、その後のもうプッシュが凄かったのです。私はその押しの強さにちょっと怖くなってしまって、お断りをしたのですが。

 

これを教訓に、20代の婚活って言うのは気を付けないといけないなと強く感じましたね。20代と言えば、仕事が面白いと感じている人もたくさんいて、結婚も考えてはいるけれど、実際は結婚するのはまだまだ先とか。また一つの付き合いのきっかけで婚活パーティーに来るだけであって結婚までは考えていないという人もいるので、本当に婚活をする時には、よく相手を見ないといけないなあと思いました。また一番大切なのは、20代というと、結婚観に温度差が多いということ。だからどちらの一方が結婚願望が強すぎてもだめなのです。お互いに同じような結婚観を持つ人を見つけることが一番大切だなあと思いました。同じような結婚観だと、婚活パーティーで出会ってから、その後の付き合いが長く続いていきそうですよね。またそこからお互いが良いと思える時期が来たら、結婚に至ることもあるからです。

 

20代婚活成功のカギ!お金がなくても若さが武器!