彼氏が欲しいという望みを叶えてくれるのが婚活なのだろうか?

私が二十歳だった頃の街コンでの体験談をお話ししたいと思います。当時私は彼氏が欲しすぎて、出会いがないかとひたすらSNSを見ていた時期がありました。

 

会社でももちろん既婚者ばかりで恋愛に発展することもなく、悶々としていました。そんなある日街コンという新しいタイプの婚活法を見つけました。説明を読んでいると会費にその近隣の店舗の飲食代も含まれているので、いろんなお店でご飯を食べながら、タイプの人を見つけるという、ぽっちゃりの私にとって最高なイベントでした。

 

早速、独身仲間とスケジュールを合わし、いざ当日を迎えたのですが、多い!人が本当に多いのです。その時は500人ほどいたそうなんですが、逆に見つけにくいじゃないかと、少し不安になりました。最初は指定の場所で食べるのですが、そのあとはどこに行っても良くて、私はすぐさま好みのお店に行きました。そこで出会った人が本当にタイプで、がっつり注文したのに、可愛く見せるため少食を装い全然たべれなかったのです。

 

あぁ、私のピザが、、カルパッチョがとか思いながらも、積極的にアピールしていたのですが、他の女の子も狙ってたみたいであっさり取られてしまいました。それから何店舗かタイプの人探しに出かけていたのですが、まぁいない。ご飯の食べる量だけが増えて行く。そう、男前は競争率が高すぎて、簡単に捕まえられていたのです。くそー!!!と怒りに震えながら食べていると、アニメが大好きという男性が声をかけてくれました。

 

そこでお話ししていると、どうも、その男性は私が大好きなアイドルと同じ格好をしているというのです。私、全然意識してないんですけど、と顔が引きつりながら空気を読んで合わせているうちに街コン終了となってしまったのです。本当にあっけなく私は呆然と立ち尽くしてしまいました。その男性から連絡先は聞かれたのですが、無職・実家という最悪なパターンだったので、丁重にお断りいたしました。一緒に来たお友達も、この結果にとても気をつかってくれて、気まずい雰囲気になってしまいました。結局私は、食べるだけ食べて体重が増加しただけでした(笑)こんな感じで私の初めての婚活は大失敗に終わりました。

 

20代婚活成功のカギ!お金がなくても若さが武器!