20代の私が婚活をした体験記

私は20代後半の女性です。普段は銀行で窓口業務をしています。私は高校も大学も女子高で育ち、大学卒業後には直ぐに銀行へ就職しました。銀行での仕事は毎日大変で、やりがいはあるものの忙しさから恋愛をする気になれませんでした。

 

しかし、気が付けば周りの友人は次々に結婚をしていき、子供がいる友人もいます。私はとても焦りを感じました。このままでは結婚も出来ずに一生独りで生活していかなければならないと思い、婚活をすることにしました。

 

今は婚活ブームということもあり、様々な方法で婚活をすることが出来ます。私は試しに婚活パーティーへ参加することにしました。婚活パーティーでは、華やかな女性が目立ちました。女性は男性を惹きつけるためにオシャレでコンサバ系の服を着ていました。メイクも気合が入っていて、私もしっかりメイクをしてくれば良かったと後悔しました。

 

最初は男性と3分以内にトークをします。しかし、3分では男性の中身などわかりませんし、印象に残らない男性もいます。一生懸命自分のことを話すのですが、焦ってしまって何を話したのか途中でわからなくなることもありました。婚活パーティーには慣れていることが大切だと思いました。

 

次に中間発表があり、気になる相手の番号を書き込みます。このとき指名があるととても嬉しくなります。中間発表後に再びトークが始まります。男性のことをもっと知りたいと思い、今度は聞く側に回りました。話を聞いていると、男性の中身も少しわかってきますが、やはりこれではまだ足りないと感じました。

 

最後に気になる男性の番号をカードに書いて提出します。これで相手も私の番号を記入していればカップルになれます。私はもっと話してみたいと思える男性を選ぶようにしました。私は見事カップルになることが出来て、今その彼氏と付き合っています。婚活パーティーは本当に大変な思いをして参加しましたが、勇気を出して参加して良かったと思います。

 

20代婚活成功のカギ!お金がなくても若さが武器!