50代の婚活「転職と婚活は若いうちの方が絶対に良い」

50代の婚活はつらいぞ~」とは会社の先輩の言葉でした。バツイチの自分も再び結婚に対する意欲が湧いてきた頃、年齢は50歳に差し掛かっていました。自分の中では40代も50代もたいして変わらないだろうと思っていましたが、世間の女性の目は大分違うようです。

 

高学歴・高年収・高身長の「3高」を自負する自分ですが、50歳になったとき、もうひとつ加わって「4高」になりました。「中年の魅力も増したかな?」と思いながら、一先ず結婚相談所に登録しようと思い、話を聞きに伺いました。

 

結婚相談所を訪ね、仕事のできそうなコンシェルジュのお姉さんと話をすることになりました。そして、コンシェルジュから出てきた衝撃の言葉は「50代の婚活は相当厳しい」でした。40代までは、30代、40代女性からの要望はあるそうですが、50歳を超えると「シニア」に分別され、ほとんど要望がないそうです。確かに相手の女性の両親の年齢を超えているような場合、両親への紹介もためらいがちになりそうな様子は想像できます。「転職と婚活は若いうちの方が絶対に良い」という先輩の言葉をその時に思い出しました。

 

そうは言っても、トライ&エラーの精神で今まで人生乗りきってきたので、結婚相談所に一先ず登録をすることにしました。しかし、なかなか女性を紹介されることがありません。希望のタイプは自分より年下の女性にしていました。しかし、それが良くなかったようで、女性の希望に50代男性はやはり入らないようです。コンシェルジュと相談の上、女性の対象年齢を50歳代まで引き上げることにしました。子供はどちらでも良いと思っていました。すると紹介案件が以前より増えてきました。相手の女性は夫と死別もしくは離婚した女性がほどんどです。

 

今も婚活中です。おそらく他の年代と比較し、数は少ないと思いますが、コンスタントに女性は紹介してもらえています。その内、好みの女性に巡り合えるような気がしています。もう結婚で失敗をしたくなかったので、気長に運命の人に出会える日まで待とうかなと思っています。

 

50代婚活成功の方法・コツ。50代ならではの魅力を認識せよ。