離婚経験がある50代がちょっとしたコツを見つけて始められた婚活体験

30代のときに妻と離婚してからは、子供を養うことだけを考えて一筋で仕事に打ち込んできました。子供たちを無事に大学に送り出せてたり、定年が見えてくる50代になったことをきっかけにずっと目をつぶってきた女性との出会いを求めて、婚活をしてみたいという気持ちが高まってきました。

 

友人や子供たちにはなかなか相談できることではないので、しばらくは悩みながら仕事をしていました。最初は再婚という高い部分ではなく友達を増やしたいという気持ちから動き出した気持ちも少しはありました。

 

50代になると日常の周囲の人のみが中心の暮らしになってしまうと感じています。生活で関わりを持つことが困難な人たちと知り合いたい気持ちが高くなり、女性への興味も存在していたことから婚活の情報収集に踏み出しました。

 

婚活を考えている人は、自分と同じように50代以上にも多くいることがわかってからは大きく前進できました。50代以上であっても、婚活は可能であることが理解できたことは、サービスを利用する気持ちを高めてくれました。

 

50代向けの婚活サービスを提供している結婚相談所に初めて参加したときは、久しぶりに緊張しました。仕事関連の女性としか関わりがない生活を長く過ごしていたため、慣れない部分もありましたが、女性側が積極的に話しかけてくれて、会話を進めていました。

 

最初の頃は自分のことを考えるだけで懸命でしたが、数度目にサービスを利用したときは婚活のちょっとしたコツが飲み込めるようになってきました。自分のことを全面に考えて女性と話すのではなく、女性に合わせて気遣いながらバランスを意識して話すことが婚活サービスを利用する上で大切です。すると不思議と見えてくる部分がありました。

 

女性側も自分と同様にそれぞれの人生経験を積んできていることに気づきました。皆が人生の良い部分も苦しい部分も承知しているので、落ち着いた雰囲気で会話ができて、大きな刺激を受けました。妻と付き合っていたころの気持ちを思い出してきたことも大きな部分であり、これらの出来事が数度目の婚活サービスで、女性と連絡先を初めて交換をすることにつながりました。

 

自分から積極的に話しことができるように心がけたことが、こうした婚活サービスを利用した成果につなげられたのではないかと自負しています。生活にもメリハリが生まれて、女性との結婚までは至ってはいませんが、数名との女性とデートもできて感謝しています。

 

50代婚活成功の方法・コツ。50代ならではの魅力を認識せよ。