50代になると相手の気持ちを考え過ぎてしまうのがひとつの壁ですね

最近だと当たり前に耳にするようになった婚活という言葉、自分には無縁だと思っていたのですがどうやらそういったアクションも必要な年齢に差し掛かってきたようです。

 

実のところは40代の前半ぐらいから興味はあったものの、心のどこかに踏ん切りがつかない自分がいたような気がします。

 

数年前に同じ歳の友人と婚活パーティに参加してみたのですが、その友人だけが上手くいって私は乗り切れないまま終わってしまいました。

 

相手がいないのは同じでもそれまでの恋愛プロセスは皆多少なりとも違うものですし、アプローチの積極性は彼と私は雲泥の差がありました。

 

彼自身それほど社交性に富んでるとも思えないのですが、彼は婚活パーティに参加するのが初めてではなく、その点で慣れがあったのも影響したかもしれません。

 

当時彼の方が結婚に対して真剣に向き合ってたとも言えるかもしれませんね。それ以来はもっぱら合コン頼みになりましたが、結婚に対して前向きになれるようになったのはつい最近のことで丁度50になった頃です。

 

知り合いも状況を理解してくれているから緊張し過ぎなくて済むのはメリットに違いないですね。

 

婚活パーティはまわりもライバルみたいなものですから、焦りが先に立ってしまいしどろもどろになってしまいますが、合コンならそこまでは張り詰めた空気はありませんし、ダメでもただの飲み会だったと言い訳できるような印象があります。

 

ただ問題は相手が誰でも良いというわけにいかないことですね。

 

同じ世代にあまり反応しない私にも問題ありなのでしょうが、だからといって相手が若いとそれも簡単ではないのです。

 

自分のことを好きなタイプかどうかである前に、年齢的なものがネックになってしまうことの不安が付きまとうのですね。

 

何か申し訳ない気持ちになってしまうこともしばしばで、あいにく好意を持ってくれそうな相手が自分の好みとは掛け離れていたりして、それはそれでまた寂しい気持ちになってしまったりするのです。

 

若い時ならズケズケ話せたものですが、さすがに相手を傷つけないで話さないとと気になってしまいますね。

 

だからと言っても諦めるわけじゃなく、そういったアクションを起こすことで恋愛に対して積極的になれるような気がしますし、後はお互い納得できる相手が見つかるか縁とか運に任せるしかないのでしょう。

 

少なくとも塞ぎ込んでいるよりは可能性があるとは思います。

 

50代婚活成功の方法・コツ。50代ならではの魅力を認識せよ。