合コンといえば合コンですが、一直線ではなかった出会い

彼女との出会いは厳密に言えば合コンでした。合コンで出会って、その場は盛り上がって。ただ、彼女の狙いは自分ではなく、友達だったんです。一応その場では連絡先を交換したんですけど、彼女は単に自分の友人に近付くためにワンクッションって事で自分とも連絡先を交換してくれたんですよ。

 

自分はその合コンは特に狙うような女の子がいなかったので、ピエロに徹したというか、ずっとその場を盛り上げていたんです。だからきっと彼女としても頼みやすいって思ったのかもしれません。ただ、その場はともかく、合コン以外の場でまで何でそこまで気を使わなきゃいけないんだって思って、その友人の好きな物だとか、そういった事をLINEで話す程度でした。

 

そんな時、彼女から連絡が来たんですよ、会いたいって。どうせその友人の話だろうなって思っていたんですが、案の定なかなか上手く会話が成立しない。一度デートしたけど全然盛り上がらない…。とかそんな話ばかり。家がそこまで遠くはないのもあって、きっと都合の良い男として呼び出されたんだろうなと思ったんですけど、さすがに凹んでいる姿を見て気晴らしにって事でドライブに行ったんですが、その時自分も楽しいなって気持ちになったんです。

 

それ以来、何となく二人で遊ぶ機会が増えて行って、気付いたら付き合うようになっていました。だから出会いは?って聞かれると合コンではあるんですけど、合コンから一直線ってわけではないっていうか。こういった出会いもあるんだなと自分でも驚いていますけど、初めに期待感があまりなかったので、格好つけず、ありのままの姿で接したので今でも本当に楽なんですよ。

 

だから今思えばですけど、こういった出会いもありなのかなって思いましたね。お互い初めから第一印象で良かった同士だったら、良い面ばかりを見せようとして、背伸びして、結局息の詰まる関係になってしまっていたんじゃないかなって。さすがにこんな形の出会いばかりは狙って出来るようなものではないと思いますが。