仕事のパートナーの女性と恋人にもなれました

私は地方出身で就職した時に上京してきました。就職先は広告会社で最初に上司に案内されて仕事のパートナーになってくれる女性を紹介されました。その女性は私と同じ年齢で一緒に仕事をしながら教えてもらう形で毎日仕事に取り組んでいきました。

 

最初は女性と仕事の事しか話す事はありませんでしたが、ずっと一緒に仕事をしていると次第に距離が縮まってきて仕事以外の会話もするようになってきました。それで一緒に飲みにいったりするようにもなってくると女性の事を仕事のパートナーから異性として意識するようになってきていました。そのため女性に恋をしてしまったようで会社に行くのが楽しくなってきました。

 

女性に恋をしてしまってからは会いたいという気持ちも強くなってしまって早く会社に出社してしまう事もありました。それで早く会社に出社してしまう時になぜか女性も早く出社していました。それで女性に早いですねと声をかけると女性もお互いさまでしょと返してきました。そこで私はひょっとしたら女性も私と同じ気持ちなのかなと思うようになって今度飲みに誘って試してみる事にしました。

 

週末に女性に飲みに行こうと誘って2人で居酒屋に飲みに行きました。それで生ビールで乾杯してその後も女性と会話しながらお酒を飲んでいきました。それで女性が適度に酔ったのを見計らっていま付き合っている人いるのと聞いてみました。すると女性は少し恥ずかしがりながらいないけど好きな人はいると言ってきました。それで今度は女性が私に付き合っている人いるのと聞いてきたので私も女性と同じようにいないけど好きな人はいると言いました。

 

会社に出社する時間がお互い早かったりやり取りでも同じような答えになったりするのでどうやら考えている事は同じだと確信しました。それで居酒屋を出た後に酔った勢いで思い切って女性に好きですと告白してみました。すると女性は嬉しそうな顔をして実は私も好きと言ってくれました。それで女性との関係は仕事のパートナーとともに恋人にもなれて現在ではすごく大切な存在になっています。