ぽっちゃり女性とのとても印象的な恋愛体験談について

とあるイベントで知り合ったぽっちゃり女性がいるのですが、数年前にそのイベントがきっかけとなり、ぽっちゃり女性と恋愛関係になりました。女性は当時28歳。私よりも2歳上です。

 

すごく笑顔の魅力的な女性で、笑った姿を見ると周囲の方々を元気にさせてくれるのでした。そんな笑顔の特徴的な彼女に少しずつ惹かれていったために、私はその女性に勇気を出してデートに誘うことにしたのです。

 

その結果、女性にデートを許可してもらうことができ、二人で一緒に水族館へデートへ行くことに。ぽっちゃりとした体系と言っても、そんなことが気にならないくらいチャーミングな女性でしたし、気配りなどもしっかりとできる魅力のある人なのです。水族館でもたくさんの動物・生物たちに喜んでくれました。かわいいペンギンが大好きらしく、ペンギンを見てすごく嬉しそうな表情をしていたのが印象的です。

 

水族館で楽しくマッタリとした時間を過ごし、その後は一緒に食事へ。イタリアン店に行き、彼女とおいしい料理を食べたのでした。初めての彼女とのデートはすごく楽しく、彼女の魅力がさらにアップ。性格がすごく良い女性なので、他の男性にも人気でした。それでも、彼女はぽっちゃりとした体系がコンプレックスらしく、どうしても自信が持てないというのです。

 

性格も良くて笑顔もかわいい・顔も決して悪くない女性なので、そんなにコンプレックスを持たなくてもいいのに!と思ったのですが、彼女は体系に自信がないのでした。

 

それもあって、数回のデートをした後に彼女に告白しましたが、告白は成功せずに終わりました。体系を見られるのが恥ずかしいという理由だったのですが、それは彼女なりの優しい断り方だったのかもしれませんね。

 

ぽっちゃり女性との恋愛は終わりましたが、とても性格のいいステキな女性だったので、私はその女性が大好きですし、いつか幸せになってほしいと願っています。体系を気にする女性も少なくないのですが、男からすれば、そこまで気にしなくていいと思うのですが。女性は大変だと改めて思いましたね。