風俗で出会った女の子は私の初恋相手の娘さん。

本当に純粋に人を好きになったという経験は、人生でそうそうない私ですが、こんな形で彼女の面影を残す女性と会うとは思っても居ませんでした。

 

たまたま出張先で社員同士お酒が入り、その地方の風俗に行くことになりました。取引先があるので、こちらに出張の際は、同僚が行こうというのでついてくるうちに、3度目の来店です。

 

若い子専門店の様で、価格もそんなに高くないので、付き合いがてら来ていますが、予約はせずいつもパネルで選びます。

 

今日の相手は、なんだかどこかで会ったことのある感じの子でした。声の感じも姿も。でも20前半の娘さんなんていませんし、違和感を感じながらサービスを受けていました。

 

一回戦も終わり、出張で来ている事を話すと、その子の母も私と同郷だと言います。しかも喋っている内容が私が住んでいる町。

 

知り合いなのか?とも思いましたが、彼女は母はこの町に中学生までしかいなかったと話し、引っかかりました。

 

母親の中学を聞くと、名前までは知らないと言われましたが、場所は私が通った母校です。もしかしてと思い、母親の年齢を聞くと同い年。名前を伝えると、え・・・と固まったまま彼女は動こうとしませんでした。

 

当時、学年が上の先輩の子供を妊娠したとして、いつの間にか転校していった入学式以来の初恋の女の子でした。今は遠い昔ですので、そのことを話したら、お母さんの事見てくれてたんですねと言葉を返してくれました。

 

まさにその子が、今目の前にいる娘さんでした。その後はお母さんは元気かと聞くと、元気ですと言われましたが、父親である先輩が居なくなり、生活が苦しいので学費が溜まるまで彼女は頑張っているようでした。学費出そうかと聞くと、自分で働いてからにすると言われそのまま口をふさがれました。

 

お母さんの娘でもいいですかと戸惑うように言われましたが、あの頃の彼女を見ているようで、それを伝えると少し照れてましたが、母を選んだ人ならいいですよと言う笑顔はまるで中学生の彼女でした。

 

重ねて申し訳ないと謝りましたが、重なって当然ですと言われ、不思議な感情でした。その後は彼女ともいろいろあって数回通いましたが、数年後母親と再会し、当然関係もすべて話したところ、驚いてはいましたが、ある程度の事は娘から聞いていた様です。

 

挨拶に行った家で彼女の方から、この人とお付き合いをしても良いですか?と言われ、最高の返事は頂きましたが、とりあえずは学校が先だからという事で、当時の初恋の相手と、普通より遅れた彼女の大学卒業を待ち望んでいます。