銀座の噂の出会いバーに行ってみた体験談

30代になり仕事にも慣れ落ち着いてきましたが、一人身のため生活はいつまで経っても落ち着きませんでした。出会いが欲しいと思いながらも、そのために活動するのもなんだか面倒くさい気がしていました。

 

ある日、テレビを見ていると銀座の出会いバーが紹介されていました。スタンディングバーで一杯300円。連日満員とのこと。銀座にはたまに飲みに行っていましたが、こんなバーの存在は知りませんでした。酒も飲めるし、出会いもあるし、ということで同じく独身の友人を誘い、銀座に向かいました。

 

金曜日の20時。入ったお店は「300bar 銀座5丁目店」。地下のお店に入ってみるとかなりの人だかり。最初にチケットを購入し、カウンターでドリンクを注文し、受け取ります。周囲を見れば、男性は女性にナンパしまくり。しかし、女性の数が少なく、男性が余っていました。しかも、女性に人気のあるのは外国人男性。これは分が悪いと思い、「300bar 銀座8丁目店」に移動しました。

 

1軒目で大凡の感覚を掴んだのと、アルコールの勢いを借り、8丁目店では順調に女性と会話をしていきました。店内にはトイレが2つしかなく、店内が混み合っているとトイレも混み並びます。しかし、並んでいる時も女性と会話が出来るチャンスがあります。トイレの列で同じ地元出身の女性と知り合いになりました。お店も飽きてきたので、その女性に他のお店に行こうと打診をしてみました。友人と来ているので、聞いてみると言われ、承諾をもらい、私の友人とともに4人で違う店に移動しました。

 

彼女達は何と国内線のCAでした。噂の「300bar」に入店したみたら、あまりの混雑振りに辟易し、店を出ようと思っていたとのことでした。それから私たちは始発までいっしょに飲み続け、連絡先を交換し、別れました。CAと知り合いになる機会は今まで一度もなかったので、貴重な体験でした。CAとはその後、続くことはなかったのですが、300barは今でも愛用しています。