何を間違えたのか…上手くいくと思ったのに散った恋活

スポーツジムで知り合った女の子といい関係になったんです。顔は知っていたんです。大体スポーツジムって通う時間が同じになるので、自然と顔は見た事ある…ってなってくるものなんですよね。それでその子の事も顔は知っていたんですけど、いつだったかたまたま同じスタジオプログラムを受けたんです。そこからちらっと話すようになり、会っては挨拶するようになって、たまに隣のエアロバイクになれば長時間話したりと、まるでドラマのように本当に距離が縮まっていくのを実感していたんです。しかも相手から連絡先を教えてくれたのもあって、これはなかなか脈があるんじゃないかなと自分でも舞い上がりました。

 

彼女はスポーツジムだけではなく、フラダンスの教室にも通っているらしく、フラダンスの大会にも招待してくれました。自分としても、これはもう必ずいけるだろうと確信に似たものがありました。そして二度目に招待してくれたフラダンスの後に、「今度はデートでもしましょう」とメールしたら、それ以来返信がなくなってしまいました。当初は特に気にしていなかったものの、それまで毎日のようにやり取りしていたのに、急に音信不通になってしまったので何だろうと。それでこちらもついついメールを出したり、電話しちゃったりしたんですよね。

 

そうしたらとある日に連絡が来て「デートとか無理」って一言だけ来たんですよ…。

 

フラダンスはありでデートは無しっていうその区別の仕方がよく分からないんですけど、一歩ずつ進んでいると思っていただけに、本当に晴天の霹靂というか。ここまで順調に進んでいたのに、「デートとか無理」って一言で終わってしまったのが、自分としては本当によく分からないというか、じゃあ何なら良かったのかなとか、そもそも彼女はどういったつもりで毎日のように連絡をくれたりしたんだろうとか…。なんだか良く分からないまま散ってしまった恋活になりました。とりあえず、これからはむやみに「デート」って単語を使わないようにしないとなと思いました。