自分から積極的に話しかけてブーメランで出会うことができました

私は学生時代には比較的出会いが多い方だったのですが、社会人になってから全く出会いがなくなってしまいました。これには職場が大きく関係しており、男性ばかりの職場だったので、異性と知り合うことがありませんでした。かと言って合コンや紹介がある訳でもないので、友人関係から異性と知り合うこともありませんでした。私の中では、婚活パーティーや婚活サイトを利用することも検討したのですが、お金も必要になってしまうので中々踏ん切りがつきませんでした。

 

そこで私が考えたのは、ナンパでブーメランを狙うということです。ブーメランという言葉に聞き馴染みのない方も多いかもしれませんが、簡単に言うと相手に連絡先を渡す行為です。紙に連絡先を書くなどして、そこに連絡が来るのを待って知り合うという方法です。私がこの方法にしたのは、直接的なナンパが苦手だと感じたからです。ナンパにチャレンジしたこともあったのですが、急に女性に話しかけるので不審者扱いされてしまうこともあり、トラブルになりそうな雰囲気もありました。

 

また、急に話しかけても何を話題にすれば良いかも分からず、中々話を続かせることができませんでした。その点、ブーメランならLINEやメールアドレスに連絡が来るので、話題を考える時間があったのが良かったです。これもナンパのように急に連絡先を渡すのではなく、店員さんに渡すようにしました。これにも理由がありまして、店員さんなら接客する必要があるので、無視されてしまうことがないからです。

 

ブーメランをしてからは、ストックしている連絡先を書いている紙を用意して、気に入った店員さんに配りました。そうすると、確率はそれほど高くはないのですが、少しずつ連絡が来るようになりました。そこから交際に発展することもありましたので、チャレンジしてみて本当に良かったと思っています。婚活パーティーや婚活サイトを利用しなくても、出会いはあるものなんだなと再認識しました。