恋愛ブランク5年以上でも恋人は突然できて結婚したりもする

社会人になってからというもの「恋人」としっかりと呼べるような存在の人がいませんでした。焦り出して婚活めいたようなことをしてみた20代後半を通り越して、そして30代になってからポンと出会いがあったのですよね。なんてことはなく、友達の紹介による出会いなのですが、あれよあれよという感じで付き合って1年でトントン拍子といった感じで結婚まで進んで行きましたね。

 

とは言っても、付き合いはじめの頃から、結婚に向かってグイグイ進んでいったわけではありません。結婚をまったく意識していなかったといえばウソになりますが、しきりに「結婚」なんていうワードを出すこともなく、いたって普通のお付き合いといった感じで付き合っていたのですよね。

 

まあなんのことはなく、週末になればどちらかの家に泊まりに行って、家なり外なりでごはんを食べて翌日どこかへ出かけたりもして、その後自分の家に帰る〜といった感じです。そして普段もそれなりにメールのやりとりを行ったりですとか、会いに行けない週末はちょっと長めに電話をしたりですとか、まあそんな感じのいたって普通の社会人の恋愛です。

 

けれども結婚する相手の場合は、自分から何か働きかけなくてもあちらから結婚がやってくるとは本当で、結婚する流れとなったのですよね。それもこれも彼の転勤です。その当時、彼が住んでいたアパートから通えないところへの異動というわけではなかったのですが、そこの支店勤務では社宅に入れるということもあって、「じゃあ、結婚しちゃう?」というような流れでしたね。久々の恋人登場で、そしてまさかの結婚です。

 

お互いアラウンドサーティーという、言ってみれば結婚適齢期といった年齢だということもあって、貯金もそこそこにありましたし社会人経験もありましたのでね。誰に反対されることもなく、その後はスムーズに進みました。恋愛ブランクうん年以上ともなっていたような状態からの恋愛だったので、「失敗するだろうな」なんて思ったりもしていましたが、予想外に良い結果となりましたので。