大学のミス研に入って、やっと恋人ができました

高校まで、私は恋人がいませんでした。恋人ができないというか、告白されても私がいまいちピンとこないので断っていたため付き合う機会がなかったと言うのが真相なのですが、とにかく、男友達は昔からたくさんいる私ですが、高校までは、恋人がいたことはありませんでした。

 

そして、大学に入りました。最初は何もありませんでした。サークルにも入っていなかったし、バイト先もおばちゃんばかりだったので、まあ当然と言えば当然でした。

 

しかし、二回生になってサークルに入って、私ははじめて「この人となら付き合える!」という人に出逢いました。

 

その人は、二回生からという微妙な時期にサークルに入って、なかなか周りに話しかけられない私に、積極的に話しかけてきてくれて、周りとの橋渡しをしてくれました。彼のおかげで、私は同期の子たちと仲良くなることができました。

 

彼は、ミステリー研究会のイメージに似合わぬ、お洒落で場の盛り上げ役な男の子でした。そして何より、黒縁眼鏡で(私は眼鏡好きなのです)、いかにも面倒見が良さそうでした。精神的に少し病んでいる私は、彼の面倒見の良さに惹かれました。

 

そして、年が明けた頃でしょうか。二人で飲みに行くことになりました。飲みに行った先でも、彼は話題がつきない面白い人で、私をたくさん笑わせてくれました。そして何より、まだ知り合って一年も経っていないのに、私が問題を抱えているということを見抜いていて、ちっとも気にしていない様子で言ってくれました。「大丈夫、オレ、付き合った相手そういう子ばかりだから」

 

聞いてみると、彼はしっかりしていない女の子の面倒を見てあげたいと、ついつい惹かれてしまうタイプの様子。まさしく私とは破れ鍋に閉じ蓋なのでは。私はちょっとそう思いました。

 

それからも何度か飲みに行ったり食べに行ったりして、自然に付き合っているみたいになりました。思えば、それまで私に告白してきてくれた子は、自分の理想の私を私に押しつけてきていました。けれども、彼はそんなことなく、ありのままの私を受け入れてくれました。だから私も、付き合う気になったのだと思います。

 

そして、大学を卒業して、私は院に進み、彼は就職しました。今は遠距離恋愛ですが、ときおり寂しいと思うだけで、浮気の心配などはしていません。次の夏休みが来るのを、待ち遠しく思っています。