いろいろなお見合いパーティーに参加してみたけれど、良い人がいなかった体験

私は、20代のころ、いろいろなお見合いパーティーに参加をしました。

 

なぜ、いろいろなお見合いパーティーに参加をしたのかというと、当時は全く良い出会いがなく、彼氏がほしいと思っていたけれど、なかなか彼氏ができませんでした。

 

また、出会いの場などもほとんどなく、友達の紹介なども期待することができない、という感じでした。

 

このため、一度お見合いパーティーなどに参加をしてみることにしました。

 

私は、当時はその時楽しめる彼氏とかではなく、結婚まで考えることができるような相手を探したかったからです。

 

お見合いパーティーは、週末などに、あちこちの会場で行われていますので、一度参加をしてみることにしました。

 

お見合いパーティーは、椅子に座り、そしてローテーションで回り、そしてプロフィールカードを交換してお話をしてみるという形式のものと、立食パーティーのような形式がありました。私はどちらも友達と参加をしてみましたが、パーティーのような形式の方が好きでした。

 

お見合いパーティーは、ローテーションのように、全員と話すと、とても疲れてしまいますし、誰が誰かわからなくなってしまいます。さらに、好みの男性でない方とも話さなければならないため、とても大変でした。立食パーティーの場合には、好みの方だけと話すことができますし、休憩なども手軽にできて、とても良かったです。

 

友達とお見合いパーティーに参加をしていましたが、なかなか良い人を見つけることができず、会うことになった男性もいましたが、結局うまくいかなかったりしました。

 

たくさんのお見合いパーティーに参加をしたけれど、私は、カップルとして成立したこともなければ、良いなと思う人に知り合うこともできませんでした。

 

もしかすると、お見合いパーティーで知り合い、ゴールインされる方もいると思いますが、私は今まで良い人がいなかったので、あまり自分には合っていなかったのかな、と思っています。