30代での婚活は、20代前半の女性狙いだった

私の30代における婚活体験は、理想への追求です。30代にも入ると、少しづつ周りの友人や知人も結婚するようになり、私自身も結婚式や結婚式の二次会に呼ばれることが増えていきます。やはり幸せそうな新郎新婦を見ていると、私も結婚したいと思うのです。私の男友達は、歳の差婚をしていて、新郎が30代後半で、新婦が20代前半だというケースがとても多かったのです。

 

そんなケースを目の前で見てると、私にも20代前半の若い女性と結婚したいという理想が出てくるのです。どのようにして新郎である男友達が若い女性と知り合えて結婚にまで持っていけたのか聞いてみると、「20代前半の女性は意外と恋愛経験が少ない。最近の20代前半の男性は、同年代の女性とお付き合いすることがあまりない」と友人は言うのです。

 

これは俗に言う草食男子が増えているのかと思ったのですが、誠に信じられないです。とはいえ、周りの男友達が若い女性と結婚してるわけなので、まずは、若い女性と会うためにアイリッシュバーへ出かけるようになります。アイリッシュバーというのは、外国人や外国語、特に英語が好きな方が行くバーです。私の特技が英会話です。アイリッシュバーが企画する月一回のイベントに数多くの若い女性が集まるのを友達の外国人と飲みに行った時に知ったのです。

 

私には外国人の友達が多く、アイリッシュバーに外国人友達を連れていくと、日本人の若い女性が集まってきます。私の英語力もネイティブ並みですから、若い女性達もどうしたら、そのように話せるのか聞いてくるのです。このような形で若い女性と出会えたわけです。この中から結婚願望が強い女性を探し出すわけです。私の狙いは、教師・看護師・保育士などの職業に就いてる女性です。

 

彼女達は、子供が大好きな場合が多いですから、結婚願望が強いのです。20代前半の女性であっても、早く子供が欲しいという女性がいます。そこに30代で20代の男性よりも経済力があり、結婚が可能な男性がいれば予想以上にモテます。英会話から始まり、特定の職業の女性に絞り、仲良くなった女性達と合コンをするのです。作戦が効したのか結婚にまで至りそうな20代の女性とお付き合いをしていた時期もあります。

 

私が海外転勤で数年離れることになり、遠距離恋愛から破断になってしまいましたが、もう少しで20代前半の若い子と結婚可能だったのです。私の30代での婚活体験談としては、20代前半の女性との結婚を望んでいたことです。