そのうち…は自分の力じゃないとやってこないと実感させられた

結婚と言うものに対して、あまり意識した事はありませんでした。「そのうち自然な流れでするんだろう」と思っていましたけど、気付いたら結婚の雰囲気もなく、30代も半ばを迎えていました。親に心配されるのはもちろんの事、上司にチクりと言われる事もしばしば。正直、あまり深く考えていなかったんです。仕事がとても楽しいというのもありました。

 

でも気付いたんです。「いずれ」なんて思っていたらこのまま年齢を重ねていくだけで、何もならないんじゃないかなと。仮にですけど、何とかなるようであればこの歳まで独身でいるって事はなかったんじゃないかなって思ったんです。そう思ったら自分自身で何か動かないとまずいなと思い、結婚相談所に相談しにいきました。「今の時代は30代からの婚活は珍しくないですよ」なんて慰めてもらいました。結婚相談所といっても明るいサービスというか、まるでコンサルタントに相談しているかのような雰囲気。お見合いから、お見合い婚活パーティーまでいろいろなイベントが用意されていましたが、まずは大人数と言う事で婚活パーティーに出席してみました。

 

考えてみたら、異性と仕事以外の場で一緒の時間を過ごすのが久しぶり過ぎて、前回がいつだったのかさえよく思い出せない程でした。前の日の夜はかなりドキドキしていました。そしていざ婚活のためにお見合いパーティーに行ってみたんですけど、想像以上に明るい雰囲気で驚きました。もっとどんより沈んだ雰囲気なのかなって思っていましたけど、皆前向きで、お見合いパーティー云々ではなく、とっても楽しい時間をすごせたんじゃないかなと。

 

ただ、それを報告したら「楽しむんじゃなくて相手を見つけなければだめですよ」って駄目だしされてしまいました(苦笑)

 

確かに、ついつい楽しんでいて自分を売り込むのを忘れてしまいました。せっかくのお見合いパーティーを無駄にしないためにも、次の時はもっと自分を売り込まないとですね。

 

それにしても、「そのうち」っていうのは、自分の力じゃないと来ないものなんだなと実感させられましたね。